折句三昧

土地ほめ 神ほめ よすがしるべの うたつづり

福岡市天神 母里太兵衛屋敷跡 菅公もあさみつほれつ頑固者

福岡県福岡市中央区天神 母里太兵衛屋敷跡

 黒田家臣 母里但馬守に奉る

のまばのめ のめば見せてんおとこ意地 干せば獲りなんみごとひとすじ
753. のまばのめ のめばみせてん おとこいじ ほせばとりなん みごとひとすじ
のまばのめ
のめばみせ   てん
おとこい     
ほせばとりな   
みごとひとすじ
「てんじん」
#履歴
20181004 初
のまばのめ のめば見せてんおとこ意地 干せば獲りなんみごとひとすじ
 

福岡市天神 赤銅御殿跡 厭離穢土 なじまざりけり白はちす

福岡県福岡市中央区天神 伊藤伝右衛門別邸 赤銅御殿跡

 伝右衛門とかつての奥方に捧ぐ

愛つづる籠の鳥 破りがてに去りねんごろ切れぬ かなしみあらか
752. あいつづる かごのとりやり がてにさり ねんごろきれぬ かなしみあらか
   いつづる
  のとりやり
  にさり
  ごろきれぬ
    かなしみあらか
「あかがねごてん」
#履歴
20181004 初
愛つづる籠の鳥 破りがてに去りねんごろ切れぬ かなしみあらか
 

福岡市中央区天神 少林寺 一誅に月をおとして偽造札

福岡県福岡市中央区天神 大凉山少林寺 月形洗蔵墓所

 兄 福岡藩士月形洗蔵に捧ぐ

きみなくて雄飛尽くさん国ならじ さし照らさなん見なす月ゆり
751. きみなくて ゆうひつくさん くにならじ さしてらさなん みなすつきゆり
きみなく    
ゆうひつくさ  
くになら    
さしてらさな  
みなすつきゆり
「てんじん」
#履歴
20181003 初
きみなくて雄飛尽くさん国ならじ さし照らさなん見なす月ゆり
 

闇淤加美神こそ

峡谷の水の龍つ神 闇淤加美神

 誓ふ

くくりますらむ谷の瀬はおおどけて嵩も瑞めくみづち神なれ
750. くくります らむたにのせは おおどけて かさもみずめく みづちかみなれ
 くります
 むたにのせは
 おどけて
 さもみずめく
 づちかみなれ
「くらおかみ」
#履歴
20181001 初
くくりますらむ谷の瀬はおおどけて嵩も瑞めくみづち神なれ
 

神奈川県伊勢原市 大山阿夫利神社 大き山は雨降る山と聞き

神奈川県伊勢原市 大山阿夫利神社

 大山祇大神に奉る

奥山はおのづ名におう八重ぐもり 天つ海はらむ降りみ降らずみ
749. おくやまは おのづなにおう やえぐもり あまつみはらむ ふりみふらずみ
    くやまは
    のづなにおう
    えぐもり
   つみはらむ
ふり   みふらずみ
「おおやまあふり」
#履歴
20180925 初
奥山はおのづ名におう八重ぐもり 天つ海はらむ降りみ降らずみ
 

福岡県芦屋町 神武天皇社 みいくさと呼ばまほし 禍つ日祓う翼にあれば

福岡県遠賀郡芦屋町 神武天皇航空自衛隊芦屋基地

 現つ世のそらいくさを言祝き 神日本磐余彦尊に奉る

天のはら白な雲ひけ八咫烏 崗のいくさとみせよつばらに
748. あまのはら しろなくもひけ やたがらす おかのいくさと みせよつばらに
 まのはら
 ろなくもひけ
 たがらす
  おかのいくさと
  みせよつばらに
「あしや」
 

筑豊電鉄 希望が丘高校前電停 机なべつる日を積まば

福岡県中間市土手ノ内 筑豊電鉄 希望が丘高校前電停

 言祝く

気宇や真帆 うがちし八百日杲々とまばゆき末をえも幸うべし
747. きうやまぼ うがちしやおか こうこうと まばゆきすえを えもちわうべし
    うやま    
うが   ちしや    おか
こうこう と
    ばゆきすえを
    もちわうべし
「きぼうがおかこうこうまえ」