読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

皇宮くくる銀環路

JR東日本 山手線

 言祝く

春告ぐや御所な築山うぐいすのうたを偲びて四方をそ馳せん
093. はるつぐや ごしょなつきやま うぐいすの うたをしのびて よもをそはせん
はるつぐ    
ごしょなつきや 
うぐいす    
うたをしのび  
よもをそは   せん
「やまのてせん」
 

山手線一周 始点は終点

山手線 品川駅 測量基点 高輪大木戸

 伊能忠敬翁を偲ぶ

四分儀を嘗めておさめし学の花わたつかみらが秘せし島ぎわ
092. しぶんぎを なめておさめし がくのはな わたつかみらが ひせししまぎわ
 ぶんぎを
 めておさめ  
 くのは    
 たつかみら  
  ひせししまぎ 
「しながわ」「しながわ」
 

品川-田町 山手線の旅

山手線 品川-田町

 旅のはじめを言祝く

宿々になおりて詠まん賀詞のうたわかれなんいま大木戸をたち
091. しゅくしゅくに なおりてよまん がしのうた わかれなんいま おおきどをたち
 ゅくしゅくに
 おりてよまん
 しのう    
 かれなんい  
  おおきどをた 
「しながわ」「たまち」
 

 

花のごと笑みあふるるや御殿山

山手線 品川駅 御殿山

 慰め言祝く

國がため花はゆる庭ささげしがなおさかす花 若子らさかりし
090. くにがため はなはゆるにわ ささげしが なおさかすはな わこらさかりし
くにがため   
はなはゆるに 
ささげし   
なおさかすは 
わこらまなび 
「しながわ」
 

山手線 名折りの旅のはじまり

山手線 品川駅 高輪神社

 往時を偲び言祝く

汐を背になおらせたまえと願かけて若子が頼みや高輪鎮守
089. しおをせに なおらせたまえと がんかけて わこがたのみや たかなわちんじゅ
 おをせに
 おらせたまえと
 んかけて
 こがたのみや
  たかなわちんじゅ
「しながわ」
 

あさけのも化粧上手になりぬべし

山手線 大塚駅 八犬伝

 言祝く

落ち遠き翁語りは続けども禍厄の祓いは此にたちそめき
088. おちとおき おきながたりは つづけども かやくのはらいは こにたちそめき
 ちとおき
 きながたりは
 づけども
 やくのはらいは
  こにたちそめき
「おおつか」
 

 

博徒「隼の七」 高座では三木助を名乗る

山手線 田町駅 芝浜

 言祝く

七の字が晩節かざる匠技まざとえがけば千代の芝浜
087. しちのじが ばんせつかざる たくみわざ まざとえがけば ちよのしばはま
 ちのじが
 んせつかざる
 くみわざ
 ざとえがけば
 よのしばはま
「(しば)たまち」