読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

えびす

宝恵駕籠の過ぎなばさびしもひとつせ

大阪市浪速区 今宮戎神社 事代主命に奉る 宝恵駕籠のにぎわい初むやいとまなみ祝うていかさま打つ福笑い 396. ほえかごの にぎわいそむや いとまなみ いおうていかさま うつふくわらい 宝恵駕籠の賑わい初むや暇無み祝うて如何様打つ福笑い ほえかごの にぎ…

鈴やふれ祝いて鳴らせ宵えびす

大阪市北区西天満 堀川戎神社 蛭児大神に奉る 祝鈴のかぐらかぐらとわきませば蛭子の神も笑てますかも 395. ほりすずの かぐらかぐらと わきませば ひるこのかみも わろてますかも 祝鈴の神楽神楽と沸きませば蛭子の神も笑て坐すかも ほり すずの か ぐらか…

水の緒のたづきも知らぬ遠つ海ゆ 行幸たまわる蛭そ祀らな

兵庫県西宮市 えびす宮総本社 西宮神社 蛭児大神に奉る 鳴尾海に身をしがらみし蛭神の縁をゆかしみ傾ぐ三連家 394. なるおみに みをしがらみし ひるがみの えにをゆかしみ かしぐみつらや 鳴尾海に身を柵みし蛭神の縁をゆかしみ傾ぐ三連家 なるおみ に みを…

くきの海わたる神 戸畑若松 どちの事代主

北九州市 若戸大橋 言祝く 白妙の波頭のわかつ陸々におわすえびすも渡しあうらし 344. しろたえの はとうのわかつ おかおかに おわすえびすも わたしあうらし 白妙の波頭の分かつ陸々に御座す恵比須も渡し合うらし し ろたえの は と うのわかつ お か おか…

蛭子命、なる

流されて戻りし天磐樟船の神 えびす神 蛭子命 誓ふ ひさしからむ流漂の不虞もこすなみの果てしにいつくえびす神なれ 306. ひさしからむ るひょうのふぐも こすなみの はてしにいつく えびすがみなれ 久しからむ流漂の不虞も越す波の果てしに居付く恵比須神な…

流され結ぶえびす信心

蛭子神 恵比須 言祝く 引く潮に流児の舟路は忽と絶えほまれと結び満ちてそもどす 152. ひくしおに るこのふなじは こつとたえ ほまれとむすび みちてそもどす 引く潮に流児の舟路は忽と絶え誉れと結び満ちてそ戻す ひ くしおに る このふなじは こ つとた え…

烏帽子親は恵比寿麦酒

恵比寿 えびすさま 蛭子さま 街を言祝き蛭子さまに奉る 艶麦の美酒が烏帽子をすなるまち 笑みしいざなう宵こ昼こと 061. えんばくの びしゅがえぼしを すなるまち えみしいざなう よいこひること 艶麦の美酒が烏帽子をすなる街 笑みし誘う宵来昼来と え んば…