折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

中間市

福岡県中間市中尾 惣社宮 筑前国三惣社のひとつと伝わる

福岡県中間市中尾 惣社宮 大己貴大神に奉る なれむつむ川べの山のおやしろも唐戸にくれぬ えも己貴ます 412. なれむつむ かわべのやまの おやしろも からとにくれぬ えもなむちます 馴れ睦ぶ川辺の山の御社も唐戸に呉れぬえも己貴ます な れむつむ か わべの…

筑豊本線 筑前垣生駅 埴生神社 いにしえの遠賀潟 すめら船わけいりき

筑豊本線 筑前垣生駅 垣生公園 埴生神社 言祝く 詣でみち かっぱの斎く神の御前うてば八幡 花のほころぶ 281. もうでみち かっぱのいつく かみのごぜ うてばはちまん はなのほころぶ 詣で道 河童の斎く神の御前打てば八幡 花の綻ぶ もうでみ ち かっぱのいつ…

筑豊本線 中間駅 遠賀川橋梁 二十四年か四十一年か いずれにせよ明治の架設

筑豊本線 中間駅 遠賀川橋梁 言祝く 長津辺に嵩つむ煉瓦とまみゆれば明治の汗は黒く染み沁み 280. ながつへに かさつむれんがと まみゆれば めいじのあせは くろくしみじみ 長津辺に嵩積む煉瓦と見ゆれば明治の汗は黒く染み沁み な がつへに か さつむれんが…

国鉄香月線 岩崎駅 岩崎炭鉱 昭和三十六年 閉山

国鉄香月線 岩崎駅 偲ぶ 汽車ゆけばさかる蛍の湧きてけむ 美しき尾灯を恋いつ掃いつ 259. きしゃゆけば さかるほたるの わきてけむ いしきびとうを こいつはらいつ 汽車行けば盛る蛍の湧きてけむ 美しき尾灯を恋いつ掃いつ き しゃゆけば さ かるほたるの わ…

国鉄香月線 新手駅 新手本坑 昭和二十九年 閉山

国鉄香月線 新手駅 偲ぶ あたらヤマの落莫知るや鉄軌にもわだち絶ゆれば錆しかりけり 258. あたらやまの らくばくしるや てっきにも わだちたゆれば さびしかりけり 可惜ヤマの落莫知るや鉄軌にも轍絶ゆれば錆しかりけり あ たらやまの ら くばくしるや て …

国鉄香月線 起点 中間駅 3/83の乗り合い列車

国鉄香月線 起点 中間駅 郷里の先つ兄を偲ぶ なじみある顔もあどなき毎の朝 汽車は香月ゆ折尾さしゆく 257. なじみある かおもあどなき まいのあさ きしゃはかつきゆ おりおさしゆく 馴染み有る顔もあどなき毎の朝 汽車は香月ゆ折尾差し行く な じみある か …

帝国鉄道庁九州線 中間-香月 明治四十一年七月一日開業

国鉄香月線 中間-香月 昭和六十年四月一日廃止 偲ぶ 長津野は化石の洲にましますか 西つ東つヤマの溢れき 256. ながつのは かせきのしまに ましますか にしつひがしつ やまのあふれき 長津野は化石の洲に坐しますか西つ東つヤマの溢れき な がつのは か せ…

筑豊電鉄 筑豊中間電停 1971年7月5日 中間パレスボウル オープン

筑豊電鉄 筑豊中間電停 中間パレスボウル(後のにしてつストア) 往時を偲ぶ かまえ立ち投ぐる玉もて宝瓶を逐せし館もやがてひさげり 255. かまえたち なぐるたまもて ほうびょうを ちくせしたちも やがてひさげり 構え立ち投ぐる玉もて宝瓶を逐せし館もやが…

筑豊電鉄 希望が丘高校前電停 花すこやかにして憂うる親心

筑豊電鉄 希望が丘高校前電停 言祝く 卉木さえうつろう逢う魔が時に若子屋下につどう 駆けて電車来 250. きぼくさえ うつろうおうま がときにわこ おくかにつどう かけてでんしゃこ 卉木さえ移ろう逢う魔が時に若子屋下に集う駆けて電車来 きぼ ぼくさ え う…

中間市 垣生公園 水ぬるまば花さかる 皇后ゆかりの社のたもと

中間市 垣生公園 言祝く 花葉吹く無為の日和に小舟さしうしろにくくる延壽橋かも 234. はなはぶく ぶいのひよりに こぶねさし うしろにくくる えんじゅばしかも 花葉吹く無為の日和に小舟差し後ろに潜る延壽橋かも は なはぶく ぶ いのひよりに こ ぶねさし …

中間市 堀川の中間唐戸 弁天橋わたれば市寸の比売の小さな祠

中間市 堀川の中間唐戸 言祝く 弁天のまねくほこらにかしこめば流れもひらく堀の唐戸か 233. べんてんの まねくほこらに かしこめば ながれもひらく ほりのからとか 弁天の招く祠に畏めば流れも開く堀の唐戸か べんてんの ま ねくほこらに か しこめば な が…

中間市 堀川 馬この皮かわらしの肌か 河童の証文 浸まざりき

中間市 堀川 伝承によせて偲ぶ わきまえし河童はひそむ律儀堀 帆もなき舟の澪や尽きじと 232. わきまえし かっぱはひそむ りちぎぼり ほもなきふねの みおやつきじと 弁えし河童は潜む律儀堀 帆も無き舟の澪や尽きじと わ きまえし か っぱはひそむ り ちぎ…

筑豊電鉄 土手の内電停 世界遺産 遠賀川水源地ポンプ室

筑豊電鉄 土手の内電停 世界遺産 遠賀川水源地ポンプ室 言祝く 歳ふれど汝が水くみて製鉄の冷持をになう 幸えみちみち 171. としふれど ながみずくみて せいてつの れいじをになう ちわえみちみち 歳古れど汝が水汲みて製鉄の冷持を担う幸え道々 としふれ ど…

筑豊電鉄 希望が丘高校前電停 希望の丘にみのりの風ふく

筑豊電鉄 希望が丘高校前電停 言祝く 黄金めき初心めき稲穂こゆるとう駅家よ泣き顔笑顔も見守るか 158. こがねめき うぶめきいなぼ こゆるとう うまやよなきがお えがおもみもるか 黄金めき初心めき稲穂肥ゆるとう駅家よ泣き顔笑顔も見守るか こ がねめ き …

筑豊電鉄 通谷電停 扇上りの急勾配

筑豊電鉄 通谷電停 言祝く 地のそこに駆けくるはまた駆けゆけり 吊りかけの音にぶく鳴しつつ 157. ちのそこに かけくるはまた かけゆけり つりかけのおと にぶくなしつつ 地の底に駆け来るはまた駆け行けり吊り掛けの音鈍く鳴しつつ ちのそこ に かけくるは…

筑豊電鉄 東中間電停 新手五坑(扇浦炭鉱) よすが隠す住宅街

筑豊電鉄 東中間電停 偲ぶ 日がけりししばのさかえのなごりさえ家居にうずませ見えぬヤマはや 156. ひがけりし しばのさかえの なごりさえ かきょにうずませ まみえぬやまはや 日がけりし暫の栄えの名残さえ家居に埋ませ見えぬヤマはや ひが けりし し ばの…

筑豊電鉄 筑豊中間電停 川ひらたひしめく堀川水運

筑豊電鉄 筑豊中間電停 往時を偲ぶ 地のそこの黒のたからをほり川の海路ゆわえしかましひらたし 155. ちのそこの くろのたからを ほりかわの うなじゆわえし かましひらたし 地の底の黒の宝を堀り川の海路結わえし囂しひらたし ち のそこの く ろのたからを …

筑豊本線 遠賀川橋梁 あかつき3号 夏休み うつつか夢か

筑豊本線 遠賀川橋梁 あかつき3号 少年期のおぼろな記憶をいぶかしむ なきしのぶ川辺のかげは真幸くしあかつきかけてわたるをみたか 046. なきしのぶ かわべのかげは まさきくし あかつきかけて わたるをみたか 鳴き忍ぶ川辺の影は真幸くしあかつき駆けて渡…

中間 香月 椋枝 大辻炭鉱ボタ山 産炭地に紫山あり

中間 香月 椋枝 大辻炭鉱ボタ山 遺跡に祖を偲ぶ 嵩立つは土にあらずと聞きし山 草に埋もるか父祖ないさお名 011. かさだつは つちにあらずと ききしやま くさにうもるか ふそないさおな 嵩立つは土にあらずと聞きし山 草に埋もるか父祖な功名 か さだつは つ…

筑豊本線 折尾-中間 くぐってまたいで並びかえ

筑豊本線 折尾-中間 四線区間をなつかしむ 海をさす四線のそろえ同じくも離会かさねておましましけり 007. うみをさす しせんのそろえ おなじくも りかいかさねて おましましけり 海を差す四線の揃え同じくも離会重ねて御座しましけり うみをさす しせんの…