折句三昧

土地ほめ 神ほめ よすがしるべの うたつづり

伊勢市

三重県伊勢市 伊佐奈彌宮 兄も姉も願はざらめやも 同じきに

三重県伊勢市 内宮 別宮 伊佐奈彌宮 伊弉冉尊に奉る いろは褪せざらむ いかにや萎ゆる 君見そなふ御代の吾はなくとも 778. いろはあせ ざらむいかにや なゆるきみ みそなふみよの われはなくとも いろは褪せざらむ 如何にや萎ゆる 君見そなふ御代の吾は無く…

三重県伊勢市 伊佐奈彌宮 子なればよするひたごころ

三重県伊勢市 内宮 別宮 伊佐奈彌宮 伊弉冉尊に奉る いとし香 生せる黒髪のぞく眉やさしいろはよいづれ黄泉にて 777. いとしかざ なせるくろかみ のぞくまみ やさしいろはよ いづれよみにて 愛し香 生せる黒髪覗く眉優しいろはよ何れ黄泉にて い としか ざ …

三重県伊勢市 伊佐奈彌宮 まみえのひととき のこりなく

三重県伊勢市 内宮 別宮 伊佐奈彌宮 伊弉冉尊に奉る やつこには祈みおおせつる身こそあれなつく心からいざようままに 776. やつこには のみおおせつる みこそあれ なつくうらから いざようままに 奴には祈み果せつる身こそ在れ懐く心から猶予う随に や つこ…

三重県伊勢市 伊佐奈彌宮 われはつちの子 みましのなせる

三重県伊勢市 内宮 別宮 伊佐奈彌宮 伊弉冉尊に奉る いざさらば並みたつ祖に祈みしらへ 八千代に知らす八洲の子にして 775. いざさらば なみたつおやに のみしらへ やちよにしらす やしまのこにして いざさらば並み立つ祖に祈みしらへ 八千代に知らす八洲の…

三重県伊勢市 風日祈宮 とこしえに吹きしらふみましなれば

三重県伊勢市 内宮 別宮 風日祈宮 級長津彦命に奉る 神の御座 久なる洲のみいくさの御先たまふやいづれ知らずも 770. かみのござ ひさなるしまの みいくさの みさきたまふや いづれしらずも 神の御座 久なる洲の御軍の御先賜ふや何れ知らずも か みのご ざ …

三重県伊勢市 風日祈宮 常世の浪のよするらし この神風の伊勢つ国

三重県伊勢市 内宮 別宮 風日祈宮 級長津彦命に奉る 神のわざひたむす時の海の寇の禊がせけむやただあらたかに 769. かみのわざ ひたむすさだの みのあだの みそがせけむや ただあらたかに 神の業直生す時の海の寇の禊がせけむやただ灼たかに か みのわ ざ …

三重県 伊勢神宮 御杖代 行幸むすびぬ猿田の伊勢に

三重県伊勢市 神宮(伊勢神宮) 天照大神に奉る 御往んじ御裳すそ濯ぐ比売の訪う伊勢やとこしく朝明ふりつむ 416. おんいんじ みもすそすすぐ ひめのとう いせやとこしく あさけふりつむ 御往んじ御裳裾濯ぐ比売の訪う伊勢や常しく朝明降り積む おんい んじ …

伊勢市 宇治浦田 猿田彦神社 あめみまに目通り あめのひめ娶り

伊勢市 宇治浦田 猿田彦神社 猿田彦大神に奉る あさけふる伊勢の狭長田水清ら うずめ子請じ猿田はもどりぬ 391. あさけふる いせのさながた みずけうら うずめこそうじ さるたはもどりぬ 朝明降る伊勢の狭長田水清ら 宇受賣子請じ猿田は戻りぬ あさけふる い…

三重県 神宮 あさけふる伊勢のひるめのすめらかみ

三重県 神宮 天照大御神に奉る 御裳すすぐえにしのはゆる五十鈴川 瀬にみそぎなな あねさまもうで 209. みもすすぐ えにしのはゆる いすずがわ せにみそぎなな あねさまもうで 御裳濯ぐ縁も偲ぶる五十鈴川 瀬に禊ぎなな 姐様詣で み もすすぐ え にしのはゆ…