折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

八幡西区

貴ぶりに色さえてけむ空も海も

北九州市 洞海湾 くきのうみ 息長帯比売命に奉る 熊人の清らの海よ祈み拝むうつくし比売に水もすずろぶ 415. くまひとの きよらのうみよ のみおがむ うつくしひめに みずもすずろぶ 熊人の清らの海よ祈み拝む美し比売に水も漫ろぶ く まひとの き よらのうみ…

えにしもよしも如何でかは 末の身おしむ 祖つ心

北九州市 洞海湾 くきのうみ 熊鰐命に奉る 熊つ海のきのうをはるか見放くれば祖の水押しみ江にし葦みし 414. くまつみの きのうをはるか みさくれば おやのみおしみ えにしよしみし 熊つ海の昨日を遥か見放くれば祖の水押し見江にし葦見し /身愛しみ縁し誼し…

樹も人も祖を偲べば直ぐに立つ

北九州市八幡西区 帆柱山 息長帯比売命に奉る 星さかる万古の海ゆ新羅さす祖をほこるや杉は叢立つ 410. ほしさかる ばんこのうみゆ しらぎさす おやをほこるや すぎはむらたつ 星盛る万古の海ゆ新羅さす祖を誇るや杉は叢立つ ほ しさかる ば んこのうみゆ し…

人車にぎしき通りのさなか 不意に山めくあたりあり

八幡西区 香月 旧大辻炭鉱 山神宮跡 大山祇神に奉る 棄て宮にくびきとかれし隠し神つれさらばやときざはし見まく 408. すてみやに くびきとかれし かくしがみ つれさらばやと きざはしみまく 棄て宮に頸木解かれし隠し神 連れ去らばやと階 見まく すてみやに…

しるべひかめく宵くらむ山の影

鹿児島本線 黒崎駅 駅前ペデストリアンデッキ 言祝く 綺羅の陽を逆方にかけし楼硝子 空中歩廊に蒼を差してき 383. きらのひを さかえにかけし ろうがらす くうちゅうほろうに あおをさしてき 綺羅の陽を逆方にかけし楼硝子 空中歩廊に蒼を差してき き らのひ…

熊鰐に見せたき化学の狼煙

八幡西区 黒崎 三菱化学 紅白煙突 言祝く 赤く白くまとう祝きいろのろし傘 蒼な天つき熊の地に立つ 350. あかくしろく まとうほきいろ のろしがさ あおなあめつき くまのちにたつ 赤く白く纏う祝き色狼煙傘 蒼な天突き熊の地に立つ あかくしろ く まとうほき…

けんか山よと 鉦太鼓 舁きものぼする 回し練り

八幡西区 黒崎 黒崎祇園山笠 言祝く 沓の音の路にあふれてはさかり鳴る響鼓の宵よ今日こそよらめ 349. くつのとの ろにあふれては さかりなる きょうこのよいよ きょうこそよらめ 沓の音の路に溢れては盛り鳴る響鼓の宵よ今日こそ寄らめ く つのとの ろ にあ…

大坂の桐は絶えにき 元和偃武

八幡西区 黒崎城 元和元年(1615年)廃城 偲ぶ 海べりの九郎の城はさながらに桐の花をなみはかなくなりにき 348. うみべりの くろうのしろは さながらに きりのはなをなみ はかなくなりにき 海縁の九郎の城は宛らに桐の花を無み果無くなりにき うみべりの く…

海面に踊るは熊鰐と戯れし波の末

洞海湾 くきのうみ 言祝く 熊鰐の去来を見てし曩古より澪の絶えざる胎母の海なれ 342. くまわにの きょらいをみてし のうこより みおのたえざる はらものうみなれ 熊鰐の去来を見てし曩古より澪の絶えざる胎母の海なれ く まわにの き ょらいをみてし のう …

大八洲 立体交差の濫觴は筑前国にあり

筑豊本線 折尾駅 過ぎし日を偲ぶ 屋を駆く立体交差のおはしらの籬下の壁画そおかしやかなる 278. おくをかく りったいこうさの おはしらの りかのへきがそ おかしやかなる 屋を駆く立体交差の御柱の籬下の壁画そおかしやかなる お くをかく り ったいこうさ…

縁をむすぶは小碓命か蒲冠者か

筑豊本線 本城駅 八剣神社 由緒を言祝く 鋒先の陣しく武夫の由ありて産土ましますはるけき熱田ゆ 277. ほうせんの じんしくぶふの よしありて うぶすなまします はるけきあつたゆ 鋒先の陣敷く武夫の由在りて産土坐します遥けき熱田ゆ ほ うせんの じん しく…

舟運さかえし 鞍手の宿場

筑前国 鞍手郡 木屋瀬宿 宿場踊り 言祝く 古態なる矢止めの町の軒ならび背子は手を掻く笠御はめぐる 266. こたいなる やどめのまちの のきならび せこはてをかく かさごはめぐる 古態なる矢止めの町の軒並び背子は手を掻く笠御は巡る こ たいなる や どめの…

明治六年に改姓 贈従五位 宇都宮正顕

筑前国 遠賀郡 黒崎宿 旅籠 櫻屋 櫻屋主人 古海東四郎を偲ぶ 公卿にも楼に宿りし櫻屋は勤皇あつみ正と顕る 265. くぎょうにも ろうにやどりし さくらやは きんのうあつみ まさとあらわる 公卿にも楼に宿りし櫻屋は勤皇厚み正と顕る く ぎょうにも ろ うにや…

勤皇の志士 御用達の旅籠

筑前国 遠賀郡 黒崎宿 旅籠 櫻屋 偲ぶ 一新の國のあしたの論つはき櫻の宿は霧ふかめけむ 264. いっしんの くにのあしたの ろんつはき さくらのやどは きりふかめけむ 一新の國の明日/朝の論唾吐き櫻の宿は霧深めけむ いっしんの く にのあしたの ろ んつはき…

昭和四十三年 大辻炭鉱 閉山

国鉄香月線 終点 香月駅 偲ぶ 貨車群をつれて野面さし汽車はゆく古き宿場のわきをかすめて 260. かしゃむらを つれてのぶさし きしゃはゆく ふるきしゅくばの わきをかすめて 貨車群を連れて野面差し汽車は行く古き宿場の脇を掠めて か しゃむらを つ れての…

帝国鉄道庁九州線 中間-香月 明治四十一年七月一日開業

国鉄香月線 中間-香月 昭和六十年四月一日廃止 偲ぶ 長津野は化石の洲にまみえしか西つ東つヤマの溢れき 256. ながつのは かせきのしまに まみえしか にしつひがしつ やまのあふれき 長津野は化石の洲に見えしか西つ東つヤマの溢れき な がつのは か せきの…

元宮は帆柱九合目 地域一帯の鷹見社の本宮

筑豊電鉄 穴生電停 鷹見神社 言祝く 福納むる鷹見の宮にあまたひとの伸して訪う往古なるかも 254. ふくおさむる たかみのみやに あまたひとの のしておとなう おうこなるかも 福納むる鷹見の宮に数多人の伸して訪う往古なるかも ふくおさむる たかみのみやに…

草鞋をかざる小さなほこら

八幡西区 幸神 幸の神神社 猿田彦さまに奉る 先をながみ憩うほこらの軒したに替うるわらじも御諸なるめり 244. さきをながみ いこうほこらの のきしたに かうるわらじも みもろなるめり 先を長み憩う祠の軒下に替うる草鞋も御諸なるめり さ きをながみ い こ…

大狼煙 蒼に呑まれき 雲ならず

黒崎 藤田 三菱化学 紅白煙突 言祝く ふりさけば盛土の島にたなびける化学の煙や溶くる己つ故 243. ふりさけば じょうどのしまに たなびける かがくのけむや とくるおのつけ 振り放けば盛土の島に棚引ける化学の煙や溶くる己つ故 ふ りさけば じ ょうどのし…

添うて聞きたき昔語り

八幡西区 藤田 春日神社 偲ぶ 振り建てし入魂の町をたかきより之房公も見つつあるらし 242. ふりたてし じこんのまちを たかきより ゆきふさこうも みつつあるらし 振り建てし入魂の町を高きより之房公も見つつ在るらし ふ りたてし じ こんのまちを た かき…

松寿丸 生い成る黒崎大明神

八幡西区 藤田 春日神社 言祝く 船泊てし城下のみちをたどりなば春日の宮の花そ和ぎなむ 241. ふなはてし じょうかのみちを たどりなば かすがのみやの はなそなぎなむ 船泊てし城下の道を辿りなば春日の宮の花そ和ぎなむ ふ なはてし じ ょうかのみちを た …

城を廃して宿場興る

筑前国 長崎街道 黒崎宿 偲ぶ 海をつく九郎が端城 退けばささ人馬ざざめき宿場しさからむ 240. うみをつく くろうがはじろ ひけばささ じんばざざめき しゅくばしさからむ 海を衝く九郎が端城 退けば然々人馬ざざめき宿場し盛らむ うみをつ く くろうがはじ …

北九州 上古の英雄

熊手宮 崗の県主の祖 熊鰐 奉る くきの海にますらおのこの出にしけり崗も喰らえば熊鰐とよぶらし 239. くきのうみに ますらおのこの でにしけり おかもくらえば わにとよぶらし 洞海にますら益荒男の出にしけり崗も喰らえば熊鰐と呼ぶらし く きのうみに ま …

宿場町に遷座なされし熊の宮

黒崎 岡田神社 神日本磐余彦(かむやまといわれひこ) 言祝く 大事なす神日本なる王子御の謂われひこひく岡田宮なれ 238. だいじなす かむやまとなる おうじごの いわれひこひく おかだぐうなれ 大事為す神日本なる王子御の謂われひこ引く岡田宮なれ だ いじ…

街道筋の傘の下 赤い鳥居の猿田彦

黒崎 くまで通り商店街 興玉神 言祝く 熊手路に詣で来るたびのどちひとり興玉さまやりはつなるかも 236. くまでじに までくるたびの どちひとり おきたまさまや りはつなるかも 熊手路に詣で来る度/旅のどち一人興玉様や利発なるかも く までじに まで くる…

草むして石くれひとつ湊跡

北九州市八幡西区 舟町 黒崎湊跡 偲ぶ 難波へと来たる人しなさにしげみ浪華みちひく洞の青海 211. なにわへと きたるひとしな さにしげみ ろうかみちひく くきのあおうみ 難波へと来たる人品然に繁み浪華道曳く洞の青海 なにわへ と き たるひとし な さ に…

洞海湾を経て皇后崎へ

神功皇后 息長帯比売命 皇后崎 言祝く 崗あがた記紀の潮ばら波退きし岸地の石碑よすがをとどめ 188. おかあがた ききのしおばら なみひきし がんちのせきひ よすがをとどめ 崗県記紀の潮原波退きし岸地の石碑縁を留め お かあが た き きのしおば ら な みひ…

休地にぽつりと皇后上陸の碑

北九州市八幡西区 皇后崎 神功皇后上陸の地 往古を偲ぶ こに継ぐはうみのいさおの凱歌あげさきに名遺す后のほまれそ 179. こにつぐは うみのいさおの がいかあげ さきになのこす きさきのほまれそ 此/子 に継ぐは 海/産み の功の凱歌上げ先に名遺す后の誉れ…

従四位の宿帳

筑豊電鉄 木屋瀬電停 長崎街道 広南従四位白象 偲ぶ 舶来の背白き象も軒ゆらし宿にくつろぐ古道の夜か 176. はくらいの せしろきぞうも のきゆらし やどにくつろぐ こどうのよるか 舶来の背白き象も軒揺らし宿に寛ぐ古道の夜か はくらいの せ しろきぞうも …

夢に出でます天神さま

筑豊電鉄 新木屋瀬電停 扇天満宮 由緒に近隣の児童施設を重ねて言祝く 夢の瀬のさめてみのるや安寝の子 扇天神そいてみもりし 175. ゆめのせの さめてみのるや やすいのこ おうぎてんじん そいてみもりし 夢の瀬の覚めて実るや安寝の子 扇天神添いて見守りし…