読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

中つ国の美し花の名いただきて

寝台特急 さくら 東京-長崎 名に寄せて言祝く 春の里 樹には瑞桜さかり咲き雅致もて憂き世なぎさせたまう 107. はるのさと きにはずいおう さかりさき がちもてうきよ なぎさせたまう 春の里 樹には瑞桜盛るり咲き雅致以て憂き世凪ぎさせたまう はるのさ と…

地を讃めあげし流行歌

山手線 有楽町駅 1957年 そごう開店 往時をしのぶ ゆかなむとうかれし子らがラジオまねくちずさむうた耀とたかしく 084. ゆかなむと うかれしこらが らじおまね くちずさむうた ようとたかしく 行かなむと浮かれし子らがラジオ真似 口ずさむ歌耀と高しく ゆ …

日比谷入江の陸歩き

山手線 東京駅 日比谷入江を偲ぶ 遠きには打ちし潮音も聞きてしか よすがたどれば内堀にさし 083. とおきには うちししおねも ききてしか よすがたどれば うちぼりにさし 遠きには打ちし潮音も聞きてしか 縁辿れば内堀に指し と おきには う ちししおねも き…

先つ祖の英知集むる古書の街

東京都千代田区 神田神保町 言祝く 通いなん占うは無駄知を立てよ 墨書玉稿 人智の遺産 082. かよいなん うらなうはむだ ちをたてよ ぼくしょぎょっこう じんちのいさん 通いなん占うは無駄知を立てよ 墨書玉稿 人智の遺産 か よいな ん う らなうはむ だ ち…

江戸総鎮守と高楼谷の首塚

山手線 神田駅 神田明神 平将門首塚 かしこみ言祝く 丑寅を護るやしろの祈願ふだ しのばせ参らん将門公の塚 081. うしとらを まもるやしろの きがんふだ しのばせまいらん まさかどこうのつか 丑寅を護る社の祈願札 忍ばせ参らん将門公の塚 うしとらを まも…

闇市の真空管に文化は響く

山手線 秋葉原駅 言祝く 此は欧亜広く名高き文化の葉 千々に繁れば栄す街柄 080. こはおうあ ひろくなだかき ぶんかのは ちぢにしげれば さかすまちがら フル漢字 こはおう あ ひろくなだか き ぶんかの は ちぢにしげれ ば さかすまちが ら 「あきはばら」

江戸城の鬼門を守る神やしろ

平成27年 神田明神遷座400年にことよせて 一乃宮 大己貴さま 二乃宮 少彦名さまを言祝く おさめ鉾おきて語らひなすきずな結び紐とく地を国となす 三乃宮 平将門さまを言祝く 国が獅子美鬣いさおな牙貌なり爪は捕り方鉤は狩り方 大己貴さまの説話を言祝く 陸…

お玉ヶ池に身を捧ぐ

総武線 秋葉原駅 岩本町 お玉ヶ池種痘所 往時を偲び後世を言祝く 姉が池 奇患克する白眉たち万禍ふみこす蘭学のすえ 022. あねがいけ きかんこくする はくびたち ばんかふみこす らんがくのすえ 姉が池 奇患克する白眉立ち万禍踏み越す蘭学の末 あ ねがいけ …

飛ぶ鳥おとす狩り手の鑑

寝台特急 はやぶさ 東京-西鹿児島 名によせて猛禽を言祝く 飛び来ざま討ちし鉤あし禽夜叉児 黄泉おくりしか穿ちほふるに 018. とびきざま うちしかぎあし きんやしゃご よみおくりしか うがちほふるに 飛び来様討ちし鉤足禽夜叉児 黄泉送りしか穿ち屠るに …

北斎の描きもらし

寝台特急 富士 東京-西鹿児島 名によせて名峰を言祝く 参らせと衆生いざなう御粧雪 四海にはえよ日本の威峰 017. まいらせと しゅじょういざなう ごしょうゆき しかいにはえよ にほんのいほう 参らせと衆生誘う御粧雪 四海に映 / 栄えよ日本の威峰 ま いら…