折句三昧

土地ほめ 神ほめ よすがしるべの うたつづり

名物 -建造物-

英彦山花園スロープカー 花駅 旧英彦山小学校校舎 振る舞いの茶に惹かれつつ日入学

福岡県田川郡添田町 英彦山花園スロープカー 花駅 旧英彦山小学校校舎 天之忍穂耳命に奉る はろばろに眺めおこせば善き子らの競いかけゆく学び舎のかげ 794. はろばろに ながめおこせば えきこらの きおいかけゆく まなびやのかげ 遥遥に眺め起こせば善き子…

英彦山花園スロープカー 幸駅 くくるだけくくりてもどるかね鳥居

福岡県田川郡添田町 英彦山花園スロープカー 幸駅 銅の鳥居 天之忍穂耳命に奉る さしあおぐ千代の石道に笑む花もきみが手と見ゆ銅の鳥居ごし 792. さしあおぐ ちよのいわじに えむはなも きみがてとみゆ かねのとりいごし 差し仰ぐ千代の石道に笑む花も君が…

福岡県 添田町 英彦山神宮 銅の鳥居 黒鎮の御門くくらな

福岡県田川郡添田町 英彦山神宮 銅の鳥居 言祝き 天之忍穂耳命に奉る えも雄偉さらに纏えり神秘の門くくりゆきかね見愛であかねば 779. えもゆうい さらにまとえり しんぴのと くくりゆきかね みめであかねば えも雄偉更に纏えり神秘の門潜り行きかね見愛で…

福岡県朝倉市山田 三連水車の里あさくら ならぶる幸もみずみずし

福岡県朝倉市山田 三連水車の里あさくら 水車を言祝く 浅み深みくらべきぬれば破れ御輿まだき坐しまし高む水かも 763. あさみふかみ くらべきぬれば やれみこし まだきましまし たかむみずかも 浅み深みくらべきぬれば破れ御輿まだき坐しまし高む水かも あさ…

福岡市天神 赤銅御殿跡 厭離穢土 なじまざりけり白はちす

福岡県福岡市中央区天神 伊藤伝右衛門別邸 赤銅御殿跡 伝右衛門とかつての奥方に捧ぐ 愛つづる籠の鳥 破りがてに去りねんごろ切れぬ かなしみあらか 752. あいつづる かごのとりやり がてにさり ねんごろきれぬ かなしみあらか 愛綴る籠の鳥 破りがてに去り…

京街道 終着ノ二 摂津国西成郡 高麗橋 伊勢もよし木曽もいやよし又つ旅

摂津国西成郡(大阪府大阪市) 高麗橋 言祝く たびのはて恋ほしなにわのうたかたに礼そながめむしばのみ惜しみ 716. たびのはて こほしなにわの うたかたに らいそながめむ しばのみおしみ 旅の果て恋ほし浪速の泡沫に礼そ詠めむ暫の身惜しみ たびのはて こ …

京街道 終着ノ一 摂津国東成郡 京橋 来し方に祖の手ならぬ道はなし

摂津国東成郡(大阪府大阪市) 京橋 言祝く 今日なるは茨の原に枝折らいし祖ゆり子らへわたす橋とそ 715. きょうなるは うばらのはらに しおらいし おやゆりこらへ わたすはしとそ 今日なるは茨の原に枝折らいし祖ゆり子らへ渡す橋とそ きょ うなるは うば …

京街道 五十七の宿 河内国茨田郡 守口宿 文禄の人は絶え果て 堤はのこる

河内国茨田郡(大阪府守口市) 守口宿 名物 文禄堤を言祝く 盛りたかく具する堤の千尋並み 安寝し寝さむ枕たかきに 714. もりたかく ぐするつつみの ちひろなみ やすいしなさむ まくらたかきに 盛り高く具する堤の千尋並み 安寝し寝さむ枕高きに もり たかく…

東海道五十三次 終着 山城国愛宕郡 三條大橋 いかにそや吾家なつかし旅のはて

山城国愛宕郡(京都府京都市) 三條大橋 京師 三條大橋 広重の手によせ 旅の終わりを言祝く 風に散じ 波にかがよう鴨の青 お江戸の青はよくにてあるらし 708. ちにさんじ なみにかがよう かものあお おえどのあおは よくにてあるらし 風に散じ 波に耀う鴨の…

東海道五十三次 終着 山城国愛宕郡 三條大橋 ふところも身柄も寒し 終の道

山城国愛宕郡(京都府京都市) 三條大橋 京師 三條大橋 広重の手によせ 言祝く 参上もおのづにそぼつ尾羽かれて宿つぐ旅の大尾なりけり 707. さんじょうも おのづにそぼつ おはかれて しゅくつぐたびの たいびなりけり 参上も己づに濡つ尾羽枯れて宿継ぐ旅の…

東海道五十三次 四十五の宿 伊勢国鈴鹿郡 庄野宿 地いろは いさましも美し汲川原

伊勢国鈴鹿郡(三重県鈴鹿市) 庄野宿 名物 女人堤防を言祝く 浸む地によきおなごまし雨さはらす 載せつ積みつつ身を罪しろに 689. しむつちに よきおなごまし うさはらす のせつつみつつ みをつみしろに 浸む地に善き女子坐し雨さ/憂さ晴らす 載せつ積みつ…

東海道五十三次 四十二の宿 伊勢国桑名郡 桑名宿 あさけふる伊勢のむかえはいかさまに

伊勢国桑名郡(三重県桑名市) 桑名宿 桑名 七里渡口 広重の手によせ 言祝く 波まくら咲う海面のくじり垣 やぐらあぐらに伊勢つ龍ます 680. なみまくら わらううなもの くじりがき やぐらあぐらに いせつたつます 波枕咲う海面の抉り垣 櫓胡床に伊勢つ龍坐す…

東海道五十三次 三十八の宿 三河国額田郡 岡崎宿 気をはればきしみきしめく足の下

三河国額田郡(愛知県岡崎市) 岡崎宿 岡崎 矢矧之橋 広重の手によせ 言祝く 矢矧ばし気ざしいよだつ川むこう大きいくさのみあれ城みゆ 669. やはぎばし きざしいよだつ かわむこう おおきいくさの みあれしろみゆ 矢矧橋気ざし弥立つ川向こう大き軍の御生れ…

東海道五十三次 三十四の宿 三河国渥美郡 吉田宿 水の名は濁りなきこそめでたけれ

三河国渥美郡(愛知県豊橋市) 吉田宿 吉田 豊川ノ橋 広重の手によせ 言祝く よき地に頻く頻くわたす大橋はくくる水さえ豊々まさりぬ 662. よきつちに しくしくわたす だいきょうは くくるみずさえ とよとよまさりぬ 良き地に頻く頻く渡す大橋は潜る水さえ豊…

東海道五十三次 三十四の宿 三河国渥美郡 吉田宿 天下の足場よ こころぼそくもおもしろし

三河国渥美郡(愛知県豊橋市) 吉田宿 吉田 豊川ノ橋 広重の手によせ 言祝く 天のした領かぬ身なれど台閣にしもじもみれば世はこともなし 661. あめのした しかぬみなれど だいかくに しもじもみれば よはこともなし 天の下領かぬ身なれど台閣に下々見れば世…

東海道五十三次 十二の宿 駿河国駿東郡 沼津宿 道ゆきは暮れて猿田の赤ら顔

駿河国駿東郡(静岡県沼津市) 沼津宿 沼津 黄昏図 広重の手によせ 言祝く 月読のてらすうつしみ濡るる三枚橋 こころづからゆらめく 614. つくよみの てらすうつしみ ぬるるさん まいばしこころ づからゆらめく 月読の照らす映し身濡るる三枚橋 心づから揺ら…

東海道五十三次 九の宿 相模国足下郡 小田原宿 輦台も落ちるものかは城の影

相模国足下郡(神奈川県小田原市) 小田原宿 小田原 酒匂川 広重の手によせ 名物小田原城を言祝く 大きなる台閣みれば童げにせく旅ごころ疾くわたさなも 607. おおきなる だいかくみれば わらわげに せくたびごころ とくわたさなも 大きなる台閣見れば童げに…

東海道五十三次 起点 武蔵国豊島郡 日本橋 ひのもとのみちのはじめ

武蔵国豊島郡(東京都中央区) 日本橋 日本橋 朝之景 広重の手によせ 言祝く ほにめでた 万国万戸しらしめす万道の祖よ おのづ旅なれ 583. ほにめでた ばんこくばんこ しらしめす ばんじのおやよ おのづたびなれ ほにめでた 万国万戸知らしめす万道の祖よ 己…

西武新宿線 本川越駅 名にしおう鐘にしあらば いにしに響け時の鐘

埼玉県川越市 西武新宿線 本川越駅 灌公を偲び 街を言祝く 武の地の神ほく武者のわかぶりの御影おもわば鐘もときめけ 542. ぶのつちの かんほくむしゃの わかぶりの ごえいおもわば かねもときめけ 武の地の神祝く武者の若振りの御影思わば鐘も時めけ ぶのつ…

のぞみ2号の旅 名古屋駅 09:33発

愛知県名古屋市 東海道新幹線 名古屋駅 言祝く 二重めく物見はしらに八雲たつ五天のはてをながめてしかも 494. ふたえめく ものみはしらに やくもたつ ごてんのはてを ながめてしかも 二重めく物見柱に八雲たつ五天の果てを眺めてしかも ふたえめく ものみは…

のぞみ2号の旅 京都駅 08:56発

京都府京都市 東海道新幹線 京都駅 京都タワー 言祝く 旧都はやよぎればしろき灯心のかさもすくなむ史ししのはゆ 493. きゅうとはや よぎればしろき とうしみの かさもすくなむ ふみししのはゆ 旧都早過れば白き灯心の嵩も少なむ史し偲はゆ き ゅうとはや よ…

のぞみ2号の旅 小倉駅 06:27発

福岡県北九州市 山陽新幹線 小倉駅 新関門トンネル 言祝く こす波をくくればひびく雷鼓はや離ればひらくこの秋津島 487. こすなみを くくればひびく らいこはや さかればひらく このあきつしま 越す波を潜れば響く雷鼓早離れば開くこの秋津島 こ すなみを く…

長野県松本市 松本城 旧きもの 地に高きもの アルプス見遣る

長野県松本市 松本城 言祝く 城影に真青の夏はつもりゆく 遠く山の端ふりのこしつつ 438. しろかげに まさおのなつは つもりゆく とおくやまのは ふりのこしつつ 城影に真青の夏は積もり行く 遠く山の端降り残しつつ しろかげに ま さおのなつは つも りゆく…

平成筑豊鉄道 伊田線 藤棚駅 境橋 祈む水の西も東も下境

平成筑豊鉄道 伊田線 藤棚駅 境橋 言祝く 福智山は十里に 水はたなごころ ながめすがしや 境橋の招く 376. ふくちやまは じゅうりにみずは たなごころ ながめすがしや さかいばしのおく 福智山は十里に水は掌 眺め清しや境橋の招く ふ くちやまは じ ゅうり…

直方 須崎町 開月館 煤めきてありうつし世もゆめの瀬も

直方 須崎町 開月館 在りし日を偲ぶ 煤けしもさかるおりしにキネマ美しみたびによらしむさすらい人しも 372. すすけしも さかるおりしに きねまいしみ たびによらしむ さすらいびとしも 煤気しも盛る折しにキネマ美しみ度/旅に寄らしむ流離人しも す すけし…

直方 向野堅一記念館 日清貿易研究所 功も屍も紙一重の夢

直方 向野堅一記念館(鞍手郡新入村生まれ) 氏の芳友を悼む 清朝ににじむにき日の夕立ちて秀づ兄らは夜露に果てにき 370. しんちょうに にじむにきひの ゆうだちて ひいづあにらは よつゆにはてにき 清朝に滲む和日の夕立ちて秀づ兄らは夜露に果てにき しん…

直方 新町 直方歳時館 三太立志伝の瑞兆は海軍払い下げ鉱にあり

直方 新町 直方歳時館(旧堀三太郎邸) 言祝く 地の子らの万福結びし瀟家こそ三太の放りける御徳なるらし 369. ちのこらの まんぷくむすびし しょうかこそ さんたのほりける ごとくなるらし 地の子らの万福結びし瀟家こそ三太の放りける御徳なるらし ち のこ…

直方 御館橋 多賀つ神も見まくいざなう陸蒸気

直方 御館橋 往時の眺めを偲ぶ 出つ入りつしば廻らする転車台 高く見やるは遠ちの煙なれ 366. でついりつ しばめぐらする てんしゃだい たかくみやるは おちのけむなれ 出つ入りつ暫廻らする転車台高く見やるは遠ちの煙なれ でついりつ しば めぐらする て …

筑豊本線 直方駅 旧駅舎 昔めくたたずまい 趣向こらせる車寄せも ついに姿をほどかれたり

筑豊本線 直方駅 旧駅舎 偲ぶ 明治の血 湛えたる屋がまえゆり祖の手しのぶ乗り合いあらか 363. めいじのち たたえたるおく がまえゆり おやのてしのぶ のりあいあらか 明治の血 湛えたる屋構えゆり祖の手偲ぶ乗り合い殿 めいじのち た たえたるおく が まえ…

直方 中ノ島 遠賀川水辺館 屋にたたば 遠賀彦山 二河もろがかえ

直方 中ノ島 遠賀川水辺館 言祝く のぞき見るおかの館の硝子ごし たがい見つむるととのこひとのこ 357. のぞきみる おかのやかたの がらすごし たがいみつむる ととのこひとのこ 覗き見る陸の館の硝子越し 互い見つむる魚の子人の子 の ぞきみる お かのやか…