読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

色うせなば 夢におとなえ ねむ花児

山手線 五反田駅 ねむの木の庭 言祝く 夏来なば暖紅の花や畳なわれ郷家に遠き眠の庭にも 252. なつきなば だんくのはなや たたなわれ ごうかにとおき ねむのにわにも 夏来なば暖紅の花や畳なわれ郷家に遠き眠の庭にも つきなば だん くのはなや た たなわれ …

花のごと笑みあふるるや御殿山

山手線 品川駅 御殿山 慰め言祝く 國がため花はゆる庭ささげしがなおさかす花 若子らさかりし 090. くにがため はなはゆるにわ ささげしが なおさかすはな わこらさかりし 國が為花映ゆる庭捧げしが尚咲かす花若子ら盛りし くにがため はなはゆるに わ ささ…

皇后さまのねむの庭

山手線 五反田駅 ねむの木の庭 かしこみ言祝く ねむ花児匂えばあなたやすらがんせめてひと枝おくらまほしを 059. ねむはなご におえばあなた やすらがん せめてひとえだ おくらまほしを 合歓花児匂えば彼方安らがんせめて一枝贈らまほしを ねむはな ご にお…

目黒川の水難さけて丘にます

大崎鎮守 居木神社 由緒を言祝く 丘はらにおわすやしろのさきがけは雉子ノ宮とそゆるぎ橋に聞く 058. おかはらに おわすやしろの さきがけは きじのみやとそ ゆるぎばしにきく 丘腹に御座す社の魁は雉子ノ宮とそ居木橋に聞く お かはらに お わすやしろの さ…

逢いたいと燃やす情けが身を焦がし

東京都史跡 鈴ヶ森刑場 土地に言祝き刑死者に祷る 逢瀬なす火はままならず恋の性 八百屋お七も身を焼かれたり 055. おうせなす ひはままならず こいのさが やおやおしちも みをやかれたり 逢瀬為す火は儘ならず恋の性 八百屋お七も身を焼かれたり おうせな …