折句三昧

土地ほめ 神ほめ よすがしるべの うたつづり

平安のころ

東海道五十三次 二十一の宿 駿河国志太郡 岡部宿 うつつにもあわれなりけむいろごのみ

駿河国志太郡(静岡県藤枝市) 岡部宿 むかしおとこを偲ぶ みやこ落つべきとが負いしかなし身の男ながめし駿河なるかも 636. みやこおつ べきとがおいし かなしみの おとこながめし するがなるかも 都落つべき咎負いし哀し身の男眺めし駿河なるかも みやこお…

福岡県太宰府市 太宰府天満宮 東風ふかばながめまくほし梅うたげ

福岡県太宰府市 太宰府天満宮 右大臣道真公に奉る 堕転めくざまをみるこそ因果なれ不遇なぐさむ花しららかに 580. だてんめく ざまをみるこそ いんがなれ ふぐうなぐさむ はなしららかに 堕転めく様を見るこそ因果なれ不遇慰さむ花白らかに だ てん めく ざ …

西武新宿線 鷺ノ宮駅 鷺宮八幡神社 陸奥守もどりそこねし六つの年

東京都中野区 西武新宿線 鷺ノ宮駅 鷺宮八幡神社 源頼義公を偲び 八幡大神に奉る 晒れのはて御意にかないし祈み人に陸奥のあか八重とつみけむ 520. されのはて ぎょいにかないし のみひとに みちのくのあか やえとつみけむ 晒れの果て御意に叶いし祈み人に陸…

西武新宿線 高田馬場駅 新宿諏訪神社 参議篁 国つ神祀る

東京都新宿区 西武新宿線 高田馬場駅 新宿諏訪神社 言祝き 諏訪社祭神に奉る 篁のだれそまつれば里の姥おのづ詣づるか 三祇なるらむ 513. たかむらの だれそまつれば さとのうば おのづまづるか さんぎなるらむ 篁の誰そ祀れば里の姥己づ詣づるか 三祇なるら…

京都市東山区清水 地主神社 御車返して時めき初むるさくら花

京都府京都市東山区清水 地主神社 大国主命に奉る 春みゆき一重八重の枝いとまおしみよそなるをえず逢瀬世にしむ 505. はるみゆき ひとえやえのよ いとまおしみ よそなるをえず おうせよにしむ 春行幸一重八重の枝暇惜しみ余所なるを得ず逢瀬世に沁む はるみ…

直方 下境 須賀神社 直方隕石 さすらうこと45億年 天よりくだりて1150年

直方 下境 須賀神社 直方隕石 世界最古の落下目撃事例 素盞嗚尊に奉る 天降りこし貴みこの座も轟くか 飛石疾墜 四海に先駆く 373. あもりこし うずみこのざも どどめくか ひせきしっつい しかいにさきがく 天降り来し貴子の座も轟くか 飛石疾墜 四海に先駆く…

筑豊本線 天道駅 天道神社 源満仲、海賊純友と対峙する

筑豊本線 天道駅 天道神社 由緒を言祝く 満仲は賊を討ちてん加護あれと伏してあがまうむちのひるめに 293. みつなかは ぞくをうちてん かごあれと ふしてあがまう むちのひるめに 満仲は賊を討ちてん加護あれと伏して崇まう貴の日霊に みつなかは ぞくをうち…