折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

東京都

大な柱少な柱と睦びあれ

千代田区外神田 神田神社(神田明神) 大己貴命に奉る 上つ江戸は大吉なるや仁慈めす和らげの神まつりしあれば 413. かんつえどは だいきちなるや じんじめす やわらげのかみ まつりしあれば 上つ江戸は大吉なるや仁慈めす和らげの神祀りしあれば かん つえ…

馬に蹴らるるどちや絶えざる遠ちも此ちも

武蔵国総社 府中市 大國魂神社 大國魂大神に奉る ふくさなる地祇にまみゆる行き交いの馬見もたのしたまの宮なれ 385. ふくさなる ちぎにまみゆる ゆきかいの うまみもたのし たまのみやなれ ふくさなる地祇に見ゆる行き交いの馬見も楽し魂/多摩の宮なれ ふ …

業界に盛衰あれど町の名はかわらず

山手線 代々木駅 学生の街 予備校の街 偲び言祝く 学功をよく修めてや世に出むと暁闇に起つ夢の八衢 253. がくこうを よくおさめてや よにでむと ぎょうあんにたつ ゆめのやちまた 学功を能く修めてや世に出むと暁闇に起つ夢の八衢 がくこうを よ くおさめて…

色うせなば 夢におとなえ ねむ花児

山手線 五反田駅 ねむの木の庭 言祝く 夏来なば暖紅の花や畳なわれ郷家に遠き眠の庭にも 252. なつきなば だんくのはなや たたなわれ ごうかにとおき ねむのにわにも 夏来なば暖紅の花や畳なわれ郷家に遠き眠の庭にも つきなば だん くのはなや た たなわれ …

みのひとつ なくてみのりし うたごころ

山手線 日暮里駅 太田道灌像 言祝く にわか雨にぽつとおぼゆる里下の縁 一枝の露の歌道に灌ぐと 251. にわかあめに ぽつとおぼゆる りかのえに いっしのつゆの かどうにそそぐと 俄か雨にぽつと覚ゆる里下の縁 一枝の露の歌道に灌ぐと に わかあめに ぽつ と…

開明のころ陸蒸気の道は海の上

山手線 田町-品川 港区三田 御田八幡神社 往時を偲び言祝く 稚児あやし詣づる清げなたおやめが鳥たつみぎわ御田八幡宮 178. ちごあやし まづるきよげな たおやめが とりたつみぎわ みたはちまんぐう 稚児あやし詣づる清げな手弱女が鳥発つ汀 御田八幡宮 ち …

2015年 山手線 E235系 デビュー

詠題 電車 205系から30年 E231系から13年 やがてくる真新しきに乗らむとす鉄道少年線細くあり 128. やがてくる まあたらしきに のらむとす てつどうしょうねん せんほそくあり やがて来る真新しきに乗らむとす鉄道少年線細く在り や がてくる ま あたらしき…

国鉄栄光の超特急

特別急行 つばめ 東京-大阪 名に寄せて言祝く 小瀬を舞う尾われし鳥よ里が軒貸しつかわそう巣づけ妻児と 117. おぜをまう おわれしとりよ さとがのき かしつかわそう すづけつまごと 小瀬を舞う尾割れ/追われ し鳥よ里が軒貸し遣わそう巣付け妻児と お ぜを…

中つ国の美し花の名いただきて

寝台特急 さくら 東京-長崎 名に寄せて言祝く 春の里 樹には瑞桜さかり咲き雅致もて憂き世なぎさせたまう 107. はるのさと きにはずいおう さかりさき がちもてうきよ なぎさせたまう 春の里 樹には瑞桜盛るり咲き雅致以て憂き世凪ぎさせたまう はるのさ と…

皇宮くくる銀環路

JR東日本 山手線 言祝く 春告ぐや御所な築山うぐいすのうたを偲びて四方をそ馳せん 093. はるつぐや ごしょなつきやま うぐいすの うたをしのびて よもをそはせん 春告ぐや御所な築山 鶯の唄を偲びて四方をそ馳せん はるつぐ や ごしょなつきや ま うぐいす …

山手線一周 始点は終点

山手線 品川駅 測量基点 高輪大木戸 伊能忠敬翁を偲ぶ 四分儀を嘗めておさめし学の花わたつかみらが秘せし島ぎわ 092. しぶんぎを なめておさめし がくのはな わたつかみらが ひせししまぎわ 四分儀を嘗めて修めし学の花 海つ神が秘せし島際 し ぶんぎを な …

品川-田町 山手線の旅

山手線 品川-田町 旅のはじめを言祝く 宿々になおりて詠まん賀詞のうたわかれなんいま大木戸をたち 091. しゅくしゅくに なおりてよまん がしのうた わかれなんいま おおきどをたち 宿々/粛々 に 直りて/名折りて 詠まん賀詞の歌 別れなん今大木戸を発ち し…

花のごと笑みあふるるや御殿山

山手線 品川駅 御殿山 慰め言祝く 國がため花はゆる庭ささげしがなおさかす花 若子らさかりし 090. くにがため はなはゆるにわ ささげしが なおさかすはな わこらさかりし 國が為花映ゆる庭捧げしが尚咲かす花若子ら盛りし くにがため はなはゆるに わ ささ…

山手線 名折りの旅のはじまり

山手線 品川駅 高輪神社 往時を偲び言祝く 汐を背になおらせたまえと願かけて若子が頼みや高輪鎮守 089. しおをせに なおらせたまえと がんかけて わこがたのみや たかなわちんじゅ 汐を背に 治らせ/名折らせ 給えと願掛けて若子が頼みや高輪鎮守 し おをせ…

あさけのも化粧上手になりぬべし

山手線 大塚駅 八犬伝 言祝く 落ち遠き翁語りは続けども禍厄の祓いは此にたちそめき 088. おちとおき おきながたりは つづけども かやくのはらいは こにたちそめき 落ち遠き翁語りは続けども禍厄の祓いは此に起ち初めき お ちとおき お きながたりは つ づけ…

博徒「隼の七」 高座では三木助を名乗る

山手線 田町駅 芝浜 言祝く 七の字が晩節かざる匠技まざとえがけば千代の芝浜 087. しちのじが ばんせつかざる たくみわざ まざとえがけば ちよのしばはま 七の字が晩節飾る匠技まざと描けば千代の芝浜 し ちのじが ば んせつかざる た くみわざ ま ざとえが…

大君の行幸を偲べど

山手線 浜松町駅 旧芝離宮恩賜庭園 偲び寂しむ 離れ宮ままにのぼりし築山の眺を愛づれど海や見えざり 086. はなれみや ままにのぼりし つきやまの ちょうをめづれど うみやみえざり 離れ宮ままに上りし築山の眺を愛づれど海や見えざり は なれみや まま にの…

姫路育ちの姫を祀る

山手線 新橋駅 C11 292号機 慰む ともがらは故郷に眠りし暮れの晩 汽笛ひびけば哀ときこえし 085. ともがらは くににねむりし くれのばん きてきひびけば あいときこえし 輩は故郷に眠りし暮れの晩 汽笛響けば哀と聞こえし ともがらは くににねむり し くれ…

地を讃めあげし流行歌

山手線 有楽町駅 1957年 そごう開店 往時をしのぶ ゆかなむとうかれし子らがラジオまねくちずさむうた耀とたかしく 084. ゆかなむと うかれしこらが らじおまね くちずさむうた ようとたかしく 行かなむと浮かれし子らがラジオ真似 口ずさむ歌耀と高しく ゆ …

日比谷入江の陸歩き

山手線 東京駅 日比谷入江を偲ぶ 遠きには打ちし潮音も聞きてしか よすがたどれば内堀にさし 083. とおきには うちししおねも ききてしか よすがたどれば うちぼりにさし 遠きには打ちし潮音も聞きてしか 縁辿れば内堀に指し と おきには う ちししおねも き…

先つ祖の英知集むる古書の街

東京都千代田区 神田神保町 言祝く 通いなん占うは無駄知を立てよ 墨書玉稿 人智の遺産 082. かよいなん うらなうはむだ ちをたてよ ぼくしょぎょっこう じんちのいさん 通いなん占うは無駄知を立てよ 墨書玉稿 人智の遺産 か よいな ん う らなうはむ だ ち…

江戸総鎮守と高楼谷の首塚

山手線 神田駅 神田明神 平将門首塚 かしこみ言祝く 丑寅を護るやしろの祈願ふだ しのばせ参らん将門公の塚 081. うしとらを まもるやしろの きがんふだ しのばせまいらん まさかどこうのつか 丑寅を護る社の祈願札 忍ばせ参らん将門公の塚 うしとらを まも…

闇市の真空管に文化は響く

山手線 秋葉原駅 言祝く 此は欧亜広く名高き文化の葉 千々に繁れば栄す街柄 080. こはおうあ ひろくなだかき ぶんかのは ちぢにしげれば さかすまちがら フル漢字 こはおう あ ひろくなだか き ぶんかの は ちぢにしげれ ば さかすまちが ら 「あきはばら」

アメ横に宣るも妙なり摩利支天

山手線 御徒町駅 アメ横 妙宣山徳大寺 言祝く 地に高き摩利支天山ちかよらば鐘も鳴らまし屋な上ゆり 079. ちにたかき まりしてんさん ちかよらば かねもならまし おくなうえゆり 地に高き摩利支天山近寄らば鐘も鳴らまし屋な上ゆり ち にたかき ま りしてん…

こいねがうふるさとの面影

東北本線 上野駅 祖を偲ぶ 憂き日にも笑みを灯せと野辺の草もんぺにかおる母をぞ思う 078. うきひにも えみをともせと のべのくさ もんぺにかおる ははをぞおもう 憂き日にも笑みを灯せと野辺の草もんぺに薫る母をぞ思う う きひにも え みをともせと の べ…

金の卵も古稀を超え

東北本線 上野駅 兄姉を偲ぶ のぼり路は襟かたきまま憂きめけど 笑みをともさばのぞく歯も映ゆ 077. のぼりじは えりかたきまま うきめけど えみをともさば のぞくはもはゆ 上り路は襟固きまま憂きめけど笑みを灯さば覗く歯も映ゆ のぼりじは えりかたきまま…

夜行列車は絶えはてて

山手線 上野駅 往時を偲ぶ うつろえど栄華は千代と残れるや名乗りなつかし北の玄関口 076. うつろえど えいがはちよと のこれるや なのりなつかし きたのげんかんぐち 移ろえど栄華は千代と残れるや名乗り懐かし北の玄関口 う つろえど え いがはちよと の …

拒みしも諾うごとくに道灌山

西日暮里 明治28年 道灌山事件 遠つ兄らに戯る 灌公の山の往にしに道わかつ 清しや独歩惜しきはなけり 075. かんこうの やまのいにしに みちわかつ きよしやどっぽ おしきはなけり 潅公の山の往にしに道分かつ 清しや独歩惜しきは無けり かんこうの やまのい…

赴けば近むめり 望めば遠むめり

山手線 西日暮里駅 日暮里 富士見坂 寂しむ 名がえにし ビルの彼方に思いつつ山見のさんぽ今やならざり 074. ながえにし びるのかなたに おもいつつ やまみのさんぽ いまやならざり フル漢字 ながえ にし びるのかなた に おもいつ つ やまみのさん ぽ いま…

龍を呑む河童の淵やぼんやりと

山手線 田端駅 田端文士村 往時を偲ぶ 文士下駄 埋み上がれば清め沙汰 室を去りなんあくた掃くとて 073. ぶんしげた うずみあがれば きよめざた むろをさりなん あくたはくとて 文士下駄 埋み上がれば清め沙汰 室を去りなん芥掃くとて ぶんしげ た うずみあ…

柳沢吉保は古今集を庭巧む

山手線 駒込駅 六義園 由緒を偲び言祝く 古今集まねびて植うる御用人めづるつつじのよしやすなわち 072. こきんしゅう まねびてううる ごようにん めづるつつじの よしやすなわち 古今集学びて植うる御用人愛づる躑躅の由や即ち こ きんしゅう ま ねびてうう…

ばばさまの暦をもどす詣で道

豊島区巣鴨 地蔵通り 言祝く 飲みおろすおみかげ札が霊験もおよばぬ皺とてへよすくよかに 071. のみおろす おみかげふだが れいげんも およばぬしわとて へよすくよかに 飲み下ろす御影札が霊験も及ばぬ皺とて経よ健よかに のみおろ す おみかげふだ が れい…

八犬伝 ことば遊び

文京区大塚(旧武蔵国豊島郡大塚) 八犬伝 劇中人に戯る 戍孝がおきてたつかは思はまじ月夜しとうて刈る畑田とも 070. もりたかが おきてたつかは おもはまじ つきよしとうて かるはただとも 戍孝がおきて手束はおも浜路つき義任しとうてかるは忠与 もりたか…

四十六回目の終棲家

山手線 池袋駅 立教大学 旧江戸川乱歩邸 言祝く 露悪なる蔵をひらきし文傑のけれん看取りて家はのこれり 069. ろあくなる くらをひらきし ぶんけつの けれんみとりて いえはのこれり フル漢字 ろ あくなる く らをひらきし ぶ んけつの け れんみとりて い …

真っ赤な嘘の血を洗い

豊島区 目白 学習院 血洗いの池 言祝きて戯れる 武庸もかしこきかたには寄らざらめ つては大あじ知濯うて語ろ 068. たけつねも かしこきかたには よらざらめ つてはおおあじ ちあろうてかたろ 武庸も畏き方には寄らざらめ 伝手は大味 知濯うて語ろ たけつね…

何もかも見られていた

東京都 中央区 月島 月読さまに奉る 佃橋ゆ きしかた仰げばまどかなる月読ひとつわけしりにます 067. つくだばしゆ きしかたあおげば まどかなる つくよみひとつ わけしりにます 佃橋ゆ 来し/岸 方仰げば円かなる月読一つ訳知りに坐す つ くだばしゆ きし か…

「ただいま」にまさる祝辞のあるべきか

山手線 新大久保駅 2001年1月26日 悼み祷る 親なくも負うがためしとおかれども悔やみきれずや母堂の悲嘆 066. しんなくも おうがためしと おかれども くやみきれずや ぼどうのひたん 親無くも負うが験しと置かれども悔やみきれずや母堂の悲嘆 しん なくも お…

三指にもれぬ酉の市

新宿総鎮守 花園神社 言祝く 熊手咲く人まぶく見ゆ宵の辻 奉納提灯おごりて明かし 065. くまでさく ひとまぶくみゆ よいのつじ ほうのうちょうちん おごりてあかし フル漢字 くまでさ く ひとまぶくみ ゆ よいのつ じ ほうのうちょうち ん おごりてあか し …

かつて予備校の代名詞

代々木駅 後生を言祝く 聖誕雪ふるをなげかば樅あおぎ そりて思えよ春日の栄誉 064. せいたんせつ ふるをなげかば もみあおぎ そりておもえよ はるひのえいよ 聖誕 雪/節 降る/古る を嘆かば樅仰ぎ 反りて思えよ春日の栄誉 せいたんせつ ふるをなげかば もみ…

初詣賑わう明治神宮

山手線 原宿駅 明治神宮 かしこみ言祝く つごもりは暮れて夜すがらにぎしつじ人むれと見ゆひととせの幕 063. つごもりは くれてよすがら にぎしつじ ひとむれとみゆ ひととせのまく 晦日は暮れて夜すがら賑し辻人群れと見ゆ一年の幕 つごもり は くれてよす…

待ち人よらしむ秋田のハチ公

山手線 渋谷駅 ハチ公 偲び言祝く 偲ばれし人の名をよぶよもあるや彼岸いりてし秋たつはちこう 062. しのばれし ひとのなをよぶ よもあるや ひがんいりてし あきたつはちこう 偲ばれし人の名を呼ぶ 夜/世 も在るや彼岸入りてし秋 立つ/田つ は近う/ハチ公 し…

烏帽子親は恵比寿麦酒

恵比寿 えびすさま 蛭子さま 街を言祝き蛭子さまに奉る 艶麦の美酒が烏帽子をすなるまち 笑みしいざなう宵こ昼こと 061. えんばくの びしゅがえぼしを すなるまち えみしいざなう よいこひること 艶麦の美酒が烏帽子をすなる街 笑みし誘う宵来昼来と え んば…

坂を開きて死を賜る

山手線 目黒駅 権之助坂 説話 中目黒村名主 菅沼権之助を偲び、坂を言祝く 人がため苦役やわらぐ緩勾路ひらきとどむる名主の功徳 060. ひとがため くえきやわらぐ かんこうろ ひらきとどむる なぬしのくどく 人が為苦役和らぐ緩勾路開き留むる名主の功徳 ひ…

皇后さまのねむの庭

山手線 五反田駅 ねむの木の庭 かしこみ言祝く ねむ花児匂えばあなたやすらがんせめてひと枝おくらまほしを 059. ねむはなご におえばあなた やすらがん せめてひとえだ おくらまほしを 合歓花児匂えば彼方安らがんせめて一枝贈らまほしを ねむはな ご にお…

目黒川の水難さけて丘にます

大崎鎮守 居木神社 由緒を言祝く 丘はらにおわすやしろのさきがけは雉子ノ宮とそゆるぎ橋に聞く 058. おかはらに おわすやしろの さきがけは きじのみやとそ ゆるぎばしにきく 丘腹に御座す社の魁は雉子ノ宮とそ居木橋に聞く お かはらに お わすやしろの さ…

尾ひれづく助太刀の安兵衛

江戸郊外戸塚村 高田馬場の決闘 堀部武庸(堀部安兵衛)を偲び「たかたのばば」を言祝く 武庸が加勢つかえし太刀しごと のばしつたうる晩は歳暮 「たか『だ』のばば」を言祝く 武庸が加勢つかえし伊達すがた のばしつたうる晩は歳暮 057. たけつねが かせい…

逢いたいと燃やす情けが身を焦がし

東京都史跡 鈴ヶ森刑場 土地に言祝き刑死者に祷る 逢瀬なす火はままならず恋の性 八百屋お七も身を焼かれたり 055. おうせなす ひはままならず こいのさが やおやおしちも みをやかれたり 逢瀬為す火は儘ならず恋の性 八百屋お七も身を焼かれたり おうせな …

東京四景

四様に折れば四様の景色 第一景 とうきょうスカイツリー(旧業平橋)駅に業平を偲ぶ 時千歳うてば東夷もきなれしか詠み名とどめしうつりかぶれど 第二景 羽田空港を言祝く うみどりのよく飛びたつか旗手たてて打てば羽だつ渡界のつばさよ 第三景 東京タワー…

けやき並木の八幡太郎

府中 大国魂神社参道 大国主さまにかしこみ義家公を偲ぶ 鬨にぎし馬場参道 来てまみゆよき日よき地 祈うもののふ 035. ときにぎし うまばさんどう きてまみゆ よきひよきつち うけうもののふ 鬨賑し馬場参道 来て見ゆ 善き日善き地 祈う武士 と きにぎ し う…

江戸を引き継ぐ国つ都

江戸 東京 言祝く 徳川の移りこしより今日日までよくも栄ゆるうるわし国都よ 034. とくがわの うつりこしより きょうびまで よくもさかゆる うるわしこくとよ 徳川の移り来しより今日日までよくも栄ゆる麗し国都よ と くがわの う つりこしより き ょうびま…