折句三昧

土地ほめ 神ほめ よすがしるべの うたつづり

横浜市

東海道五十三次 五の宿 相模国鎌倉郡 戸塚宿 月かかり人やどり

相模国鎌倉郡(神奈川県横浜市戸塚区) 戸塚宿 旅の初日の宿を言祝く 時ならば月はおのづに懸かるべし 人もやすらえ旅まくら初め 598. ときならば つきはおのづに かかるべし ひともやすらえ たびまくらそめ 時ならば月はおのづに懸かるべし 人もやすらえ旅…

東海道五十三次 五の宿 相模国鎌倉郡 戸塚宿 佐野の源左を見てしがな

相模国鎌倉郡(神奈川県横浜市戸塚区) 戸塚宿 戸塚 元町別道 広重の手によせ 鉢木を思い 言祝く 乏しみに継ぐ衣もつがずかけきたるおとこ思ほゆ 茶屋の軒端に 597. ともしみに つぐいもつがず かけきたる おとこおもほゆ ちゃやののきばに 乏しみに継ぐ衣も…

東海道五十三次 四の宿 武蔵国橘樹郡 保土ヶ谷宿 身の柄ひとつ宿りて候

武蔵国橘樹郡(神奈川県横浜市保土ヶ谷区) 保土ヶ谷宿 一宿を言祝く まほかたほ見ばはおとれどここに吾がみのから一夜枕きておじゃらむ 596. まほかたほ みばはおとれど ここにわが みのからいちや まきておじゃらむ 真秀片秀見端は劣れど此処に吾が身の柄…

東海道五十三次 四の宿 武蔵国橘樹郡 保土ヶ谷宿 あらたし橋あらたし町

武蔵国橘樹郡(神奈川県横浜市保土ヶ谷区) 保土ヶ谷宿 保土ヶ谷 新町橋 広重の手によせ 言祝く 帷子や延るはしの柄いしみ宿むらたちて町はしあらたし 595. かたびらや ほどこるはしの がらいしみ やどむらたちて まちはしあらたし 帷子や延る橋の柄美しみ宿…

東海道五十三次 三の宿 武蔵国橘樹郡 神奈川宿 風つ神はわがままに

武蔵国橘樹郡(神奈川県横浜市神奈川区) 神奈川宿 神奈川 台之景 広重の手によせ 言祝く 風神は凪もあらしもわがままに海はしるらし白帆はらまゆ 594. かざかみは なぎもあらしも わがままに うなはしるらし しらほはらまゆ 風神は凪も嵐も我が儘に海奔るら…

東海道五十三次 三の宿 武蔵国橘樹郡 神奈川宿 ながめあかさむわたのはら

武蔵国橘樹郡(神奈川県横浜市神奈川区) 神奈川宿 神奈川 台之景 広重の手によせ 言祝く かぐわしみ眺めあかざるわたのはら 眺めあかさむ台の旅籠に 593. かぐわしみ ながめあかざる わたのはら ながめあかさむ だいのはたごに 馨しみ眺め飽かざる海の原 眺…

のぞみ2号の旅 新横浜駅 10:54発

神奈川県横浜市 東海道新幹線 新横浜駅 言祝く ひのもとの輿車のおこりに今昔を馳せてまだきに枕く旅すがら 495. ひのもとの よしゃのおこりに こんじゃくを はせてまだきに まくたびすがら 日の本の輿車の起こりに今昔を馳せて未だきに枕く旅すがら ひのも…

神奈川県 童謡「赤い靴」 異人さんにつれられて

神奈川県 偲ぶ 赤い靴 駆りし娘の名を問えど外国船は侘び鳴くばかりに 184. あかいくつ かりしむすめの なをとえど がいこくせんは わびなくばかりに 赤い靴 駆りし娘の名を問えど外国船は侘び鳴くばかりに あかいくつ か りしむすめの な をとえど が いこ…