折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

神詠み

北九州市 八幡東区 枝光 上古のあらまし つちの名は語る

北九州市 八幡東区 枝光 地名の由緒を言祝く 筑紫路に行幸むかうる大禧よと縁を枝にかけ熊鰐は待ち兼ね 346. つくしじに みゆきむかうる だいきよと えにをえにかけ わにはまちかね 筑紫路に行幸迎うる大禧よと縁を枝に掛け熊鰐は待ち兼ね つ くしじに み ゆ…

熊鰐命こそ

崗の県主の祖 熊鰐 誓ふ くすみなく真青とひらくわたのはらに似たるまことの祖つ神なれ 341. くすみなく まさおとひらく わたのはらに にたるまことの おやつかみなれ くすみなく真青と開く海原に似たる誠の祖つ神なれ く すみなく ま さおとひらく わ たの…

安徳帝こそ

壇ノ浦にほどけしおさなみかど 安徳天皇 誓ふ くしはみづらとしはわずかに晏駕へて千代に祀らるる水天さまなれ 340. くしはみづら としはわずかに あんがへて ちよにまつらるる すいてんさまなれ 髪は美豆良 齢は僅かに晏駕経て千代に祀らるる水天様なれ く …

榊比売神こそ

平家のまかたち おみなやまいの救い神 榊姫 誓ふ おみなこの錆びなばいつき快癒さし祈念なさるる比売し神なれ 339. おみなこの さびなばいつき かいゆさし きねんなさるる ひめしかみなれ 女子の錆びなば傅き快癒さし祈念なさるる比売し神なれ おみなこの さ…

菅原道真公こそ

天満大自在天神 菅原道真 誓ふ 御祟りに朝衣の君も寝覚め悪しみ北野に祀る天神さまなれ 338. みたたりに ちょういのきみも ねざめあしみ きたのにまつる てんじんさまなれ 御祟りに朝衣の君も寝覚め悪しみ北野に祀る天神様なれ み たたりに ち ょういのきみ…

大宜都比売命こそ

五穀養蚕の神 大宜都比売 誓ふ 生おしたる下々の糧にも艶めかし日めくりめぐむ食の神なれ 337. おおしたる げげのかてにも つやめかし ひめくりめぐむ うけのかみなれ 生おしたる下々の糧にも艶めかし日捲り恵む食の神なれ おお したる げ のかてにも つ や…

豊受比売命こそ

外宮の度相に坐す神 豊受比売 誓ふ 伽こいし陽貴のそばに庇恵あれとめしあげらるる御饌の神なれ 336. とぎこいし ようきのそばに ひけいあれと めしあげらるる みけのかみなれ 伽請いし陽貴の傍に庇恵在れと召し/飯上げらるる御饌の神なれ と ぎこいし よう …

興玉神こそ

皇大神宮大宮所の地主神 猿田彦か大田命か 興玉神 誓ふ 追分に来ては去りゆくたまのおの仮庵にも添う道の神なれ 335. おいわけに きてはさりゆく たまのおの かりおにもそう みちのかみなれ 追分に来ては去りゆく玉の緒の仮庵にも添う道の神なれ お いわけに…

誉田別命こそ

八幡神 応神天皇 誉田別 誓ふ 帆船たて向くる新羅のわたはらみ日長く寝ぬる八幡神なれ 334. ほぶねたて むくるしらぎの わたはらみ けながくいぬる やはたのかみなれ 帆船立て向くる新羅の海原回/孕み日長く寝ぬる八幡神なれ ほ ぶねたて む くるしらぎの わ…

息長帯比売命こそ

聖母 神功皇后 息長帯比売 誓ふ 沖つ海永けき生みの垂乳女は尚武も慕う比売し神なれ 333. おきつうみ ながけきうみの たらちめは しょうぶもしたう ひめしかみなれ 沖つ海永けき生みの垂乳女は尚武も慕う比売し神なれ おき つうみ なが けきうみの たら ちめ…

倭武命こそ

小碓命 白鳥の皇子 日本武尊 誓ふ やさ御衣まといかたきをたちしずめける白鳥のますら御子なれ 332. やさみけし まといかたきを たちしずめ けるしらとりの ますらみこなれ 優御衣纏い敵を絶ち鎮めける白鳥の益荒御子なれ や さみけし まと いかたきを た ち…

神日本磐余彦命こそ

初代天皇 神日本磐余彦 誓ふ 紘八方一つ家となす令しけば和となす国の一の君なれ 331. こうはちえ ひとつやとなす れいしけば わとなすくにの いちのきみなれ 紘八方一つ家と為す令敷けば和と為す国の一の君なれ こ うはちえ ひ とつやとなす れ いしけば わ…

宇迦之御魂大神こそ

穀物神 稲荷神 宇迦之御魂 誓ふ かうる食はのえふす嘉禾のみたからとましろにかしく稲荷神なれ 330. かうるけは のえふすかかの みたからと ましろにかしく いなりのかみなれ 代うる食は偃す嘉禾の御宝と真白に炊く稲荷神なれ かう るけは の えふすかかの …

市杵島比売命こそ

田島 辺津宮の比売 市杵島姫 誓ふ 斎みあらば近つ湊に来立ち召し島へつ見やる比売のすえなれ 329. いみあらば ちかつみなとに きたちめし しまへつみやる ひめのすえなれ 斎み在らば近つ湊に来立ち召し島辺津見やる比売の末なれ い みあらば ち かつみなとに…

湍津比売命こそ

大島 中津宮の比売 湍津姫 誓ふ 中つ海にたどほく浮ける玉体もつぶらかにます比売のなかなれ 328. なかつみに たどほくうける ぎょくたいも つぶらかにます ひめのなかなれ 中つ海にたどほく浮ける玉体も円らかに坐す比売の中なれ なかつみに た どほくうけ…

田心比売命こそ

沖ノ島 沖津宮の比売 田心姫 誓ふ 沖津ゆりたまゆらさかる御座船に稜威わたらす比売のかみなれ 327. おきつゆり たまゆらさかる ござぶねに りょういわたらす ひめのかみなれ 沖津ゆり玉響離る御座船に稜威渡らす比売の上なれ おきつゆり た まゆらさかる ご…

宗像三女神こそ

天孫奉り祭らるる三女神 道主貴 宗像神 誓ふ むす波の並みの果てしにかしこまばたまも潮つく海つ比売しなれ 326. むすなみの なみのはてしに かしこまば たまもしおつく みつひめしなれ 生す波の並みの果てしに畏まば珠も/玉裳潮漬く海つ比売しなれ む すな…

住吉三神こそ

海の三柱 住吉神 誓ふ 澄みの江にみたまおきてはよるへにも潮けぶりたつ海つ柱なれ 325. すみのえに みたまおきては よるへにも しおけぶりたつ みつはしらなれ 澄みの江に御魂置き/招きては寄る辺/舳にも潮煙立つ海つ柱なれ す みのえに み たまおきては よ…

磐長比売命こそ

常しえに絶えぬ磐の神 にびに隠るるうつくし神 磐長姫 誓ふ めす海の漬つるほとりに頑とさし萎ゆることなき磐し比売なれ 324. めすうみの ひつるほとりに がんとさし なゆることなき いわしひめなれ 見す海の漬つる畔に頑と挿し萎ゆる事無き磐し比売なれ め …

木花咲耶比売命こそ

栄ゆれど命みじかき花の神 富士の社の浅間神 木花咲耶姫 誓ふ 小寂びたる野暮れの世ゆりはや去なばなごりい尽きぬ花し比売なれ 323. こさびたる のくれのよゆり はやいなば なごりいつきぬ はなしひめなれ 小寂びたる野暮れの世ゆり早去なば名残りい尽きぬ花…

大山祇大神こそ

山の神 大山祇 誓ふ 思し召すおやのこころにまつろわぬ罪そ避らざる山つ神なれ 322. おぼしめす おやのこころに まつろわぬ つみそさらざる やまつかみなれ 思し召す親の心に服わぬ罪そ避らざる山つ神なれ お ぼしめす おや のこころに ま つろわぬ つみ そ…

猿田彦大神こそ

道の神 導きの神 庚申の神 塞の神 猿田彦 誓ふ 晃芯の灯のまなこもて玉鉾の累をかまえるさいの神なれ 321. こうしんの ひのまなこもて たまほこの るいをかまえる さいのかみなれ 晃芯の灯の眼以て玉鉾の累を構える塞の神なれ こ うしんの ひ のまなこもて …

天宇受賣神こそ

芸能の神 舞踊の女神 天宇受賣 誓ふ めずらしき浮かれの舞いもめのとくとあでしはだけし猿女祖なれ 320. めずらしき うかれのまいも めのとくと あでしはだけし さるめのおやなれ 珍しき浮かれの舞いも女の徳/目の得と艶し開けし猿女祖なれ めず らしき う …

瓊瓊杵命こそ

天孫 日向初代 あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎ 誓ふ にき洲のにぎ敷島の後の世の御子につらなす遠つ祖なれ 319. にきしまの にぎしきしまの のちのよの みこにつらなす とおつおやなれ 和洲の賑敷島の後の世の御子に連為す遠つ祖なれ に きし…

天児屋神こそ

藤原氏の氏神 祝詞の神 天児屋根 誓ふ 姐よする目安の祝詞のこしなく連に祖づく春日神なれ 318. あねよする めやすののりと のこしなく むらじにおやづく かすがのかみなれ 姐寄する目安の祝詞残し無く連に祖づく春日神なれ あ ね よする め や すののりと …

経津主命こそ

武神 剣神 経津主 誓ふ 不義あらばつるぎの仇と貫き討てる鎮し灼たし香取神なれ 317. ふぎあらば つるぎのあだと ぬきうてる しずしあらたし かとりのかみなれ 不義在らば剣の仇と貫き討てる鎮し灼たし香取神なれ ふ ぎあらば つ るぎのあだと ぬ きうてる …

建御雷命こそ

雷神 剣神 武神 建御雷 誓ふ 魑魅あらばかづくつるぎの身に討てる丈し貴し鹿島神なれ 316. ちみあらば かづくつるぎの みにうてる たけしとうとし かしまのかみなれ 魑魅在らば被く剣の身に討てる丈し貴し鹿島神なれ ち みあらば かづ くつるぎの み にうて…

天忍穂耳命こそ

稲穂神 五皇子のつかさ 正勝吾勝勝速日 天忍穂耳 誓ふ 天の橋ゆおしほゆる音に身をのろみ道をかえせる勝速日なれ 315. あめのはしゆ おしほゆるとに みをのろみ みちをかえせる かちはやひなれ 天の橋ゆ圧し吼ゆる音に身を鈍み道を返せる勝速日なれ あめの …

事代主命こそ

言知る神 えびす神 八重事代主 誓ふ 言承けはしろく逆手と抜き打てば敷くふしがきに隠るる神なれ 314. ことうけは しろくさかてと ぬきうてば しくふしがきに かくるるかみなれ 言承けは著く逆手と抜き打てば敷く柴垣に隠るる神なれ こと うけは しろ くさか…

建御名方命こそ

諏訪の神 建御名方 誓ふ 気高きは水辺の里にかくれます館も湛わし諏訪神なれ 313. けたかきは みなべのさとに かくれます たちもたたわし すわのかみなれ 気高きは水辺の里に隠れ坐す館も湛わし諏訪神なれ けた かきは みな べのさとに か くれます た ちも…