折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

筑前六宿

豊年満作 お粥さまのうらなうままに

筑前国 御笠郡 原田宿 筑紫神社 粥卜祭 言祝く 粥の肴は吉凶つぐるかび一朶 生えて春めくつくしの宮かも 271. かゆのなは きっきょうつぐる かびいちだ はえてはるめく つくしのみやかも 粥の肴は吉凶告ぐる黴一朶 生えて春めく土筆/筑紫の宮かも かゆのな …

行く方はるか まずは慌つな 腹ごしらえ

筑前国 御笠郡 原田宿 名物 はらふと餅 言祝く はらのみの留守そおんみの大事なる はみ鎮めてむはらふとさまもて 270. はらのみの るすそおんみの だいじなる はみしずめてむ はらふとさまもて 腹の実の留守そ御身の大事なる食み鎮めてむはらふと様以て は …

道はふたまた 身はひとつ 惑いやふかき 辻の追分

筑前国 御笠郡 山家宿 言祝く 宿ひとつまかりて道のえだわかれ日田な薩摩なまねく追分 269. やどひとつ まかりてみちの えだわかれ ひたなさつまな まねくおいわけ 宿一つ罷りて道の枝分かれ日田な薩摩な招く追分 や どひとつ ま かりてみちの え だわかれ …

妻を亡くして八十余年

筑前国 穂波郡 内野宿 内野の大銀杏 言祝く 堂守のやもめいちもち大銀杏しとねしきしく秋そ寂しき 268. どうもりの やもめいちもち おおいちょう しとねしきしく あきそさびしき 堂守のやもめ逸物 大銀杏 褥 頻敷く秋そ寂しき どうもり の やもめいちも ち …

皇后を慕いてありしと里名は伝う

筑前国 穂波郡 飯塚宿 曩祖八幡宮 土地名の由緒を言祝く いつしにもいづちに散れど会せむと花にやいつく曩つ祖らは 267. いつしにも いづちにちれど かいせむと はなにやいつく さきつおやらは 何時しにも何方に散れど会せむと花にや斎く/居着く/居憑く曩つ…

舟運さかえし 鞍手の宿場

筑前国 鞍手郡 木屋瀬宿 宿場踊り 言祝く 古態なる矢止めの町の軒ならび背子は手を掻く笠御はめぐる 266. こたいなる やどめのまちの のきならび せこはてをかく かさごはめぐる 古態なる矢止めの町の軒並び背子は手を掻く笠御は巡る こ たいなる や どめの…

明治六年に改姓 贈従五位 宇都宮正顕

筑前国 遠賀郡 黒崎宿 旅籠 櫻屋 櫻屋主人 古海東四郎を偲ぶ 公卿にも楼に宿りし櫻屋は勤皇あつみ正と顕る 265. くぎょうにも ろうにやどりし さくらやは きんのうあつみ まさとあらわる 公卿にも楼に宿りし櫻屋は勤皇厚み正と顕る く ぎょうにも ろ うにや…

勤皇の志士 御用達の旅籠

筑前国 遠賀郡 黒崎宿 旅籠 櫻屋 偲ぶ 一新の國のあしたの論つはき櫻の宿は霧ふかめけむ 264. いっしんの くにのあしたの ろんつはき さくらのやどは きりふかめけむ 一新の國の明日/朝の論唾吐き櫻の宿は霧深めけむ いっしんの く にのあしたの ろ んつはき…

遠賀郡一宿 鞍手郡一宿 穂波郡二宿 御笠郡二宿

長崎街道 筑前六宿 遠賀郡黒崎宿から御笠郡原田宿まで 言祝く 夢寐うつつ新菓珍味の愉絶ほしみ含みてしかと道の神たたく 262. むびうつつ しんかちんみの ゆぜつほしみ くくみてしかと ちのかみたたく 夢寐現 新菓珍味の愉絶欲しみ含みてしかと道の神叩く む…

添うて聞きたき昔語り

八幡西区 藤田 春日神社 偲ぶ 振り建てし入魂の町をたかきより之房公も見つつあるらし 242. ふりたてし じこんのまちを たかきより ゆきふさこうも みつつあるらし 振り建てし入魂の町を高きより之房公も見つつ在るらし ふ りたてし じ こんのまちを た かき…

松寿丸 生い成る黒崎大明神

八幡西区 藤田 春日神社 言祝く 船泊てし城下のみちをたどりなば春日の宮の花そ和ぎなむ 241. ふなはてし じょうかのみちを たどりなば かすがのみやの はなそなぎなむ 船泊てし城下の道を辿りなば春日の宮の花そ和ぎなむ ふ なはてし じ ょうかのみちを た …

城を廃して宿場興る

筑前国 長崎街道 黒崎宿 偲ぶ 海をつく九郎が端城 退けばささ人馬ざざめき宿場しさからむ 240. うみをつく くろうがはじろ ひけばささ じんばざざめき しゅくばしさからむ 海を衝く九郎が端城 退けば然々人馬ざざめき宿場し盛らむ うみをつ く くろうがはじ …

街道筋の傘の下 赤い鳥居の猿田彦

黒崎 くまで通り商店街 興玉神 言祝く 熊手路に詣で来るたびのどちひとり興玉さまやりはつなるかも 236. くまでじに までくるたびの どちひとり おきたまさまや りはつなるかも 熊手路に詣で来る度/旅のどち一人興玉様や利発なるかも く までじに まで くる…

草むして石くれひとつ湊跡

北九州市八幡西区 舟町 黒崎湊跡 偲ぶ 難波へと来たる人しなさにしげみ浪華みちひく洞の青海 211. なにわへと きたるひとしな さにしげみ ろうかみちひく くきのあおうみ 難波へと来たる人品然に繁み浪華道曳く洞の青海 なにわへ と き たるひとし な さ に…

従四位の宿帳

筑豊電鉄 木屋瀬電停 長崎街道 広南従四位白象 偲ぶ 舶来の背白き象も軒ゆらし宿にくつろぐ古道の夜か 176. はくらいの せしろきぞうも のきゆらし やどにくつろぐ こどうのよるか 舶来の背白き象も軒揺らし宿に寛ぐ古道の夜か はくらいの せ しろきぞうも …

夢に出でます天神さま

筑豊電鉄 新木屋瀬電停 扇天満宮 由緒に近隣の児童施設を重ねて言祝く 夢の瀬のさめてみのるや安寝の子 扇天神そいてみもりし 175. ゆめのせの さめてみのるや やすいのこ おうぎてんじん そいてみもりし 夢の瀬の覚めて実るや安寝の子 扇天神添いて見守りし…

赤間への道は渡し舟

筑豊電鉄 遠賀野電停 街道追分 興玉神社 往時を偲ぶ 降ればなお先を憂えん旅人がたよるなじみの猿田彦さま 174. ふればなお さきをうれえん たびびとが たよるなじみの さるたひこさま 降れば尚先を憂えん旅人が頼る馴染みの猿田彦様 ふればな お さきをうれ…

古湊に偲ぶ幕末の政変

北九州市八幡西区 舟町 五卿上陸地の碑 偲び言祝く 吹き荒れし波七難もまつろわず地に立ち明かす五卿のよすが 138. ふきあれし なみしちなんも まつろわず ちにたちあかす ごきょうのよすが 吹き荒れし波七難も服わず地に立ち明かす五卿の縁 ふ きあれし な …

歳松の二張りばかりのこりけり

曲里の松並木 長崎街道 黒崎宿 往古の松にかしこみ、あたらしき並木に言祝く くきの海を路の背に負えば先にまつ樹々は曲里の並木なりけり 052. くきのうみを ろのせにおえば さきにまつ きぎはまがりの なみきなりけり 洞海を路の背に負えば先に待つ樹々は曲…