折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

黒崎

黒崎駅 駅前ペデストリアンデッキ しるべひかめく宵くらむ山の影

鹿児島本線 黒崎駅 駅前ペデストリアンデッキ 言祝く 綺羅の陽を逆方に投ぐる楼硝子 空中歩廊に蒼を差しつつ 383. きらのひを さかえになぐる ろうがらす くうちゅうほろうに あおをさしつつ 綺羅の陽を逆方に投ぐる楼硝子 空中歩廊に蒼を差しつつ き らのひ…

八幡西区 黒崎 三菱化学 紅白煙突 熊鰐に見せたき化学の狼煙

八幡西区 黒崎 三菱化学 紅白煙突 言祝く 赤く白くまとう祝きいろのろし傘 蒼な天つき熊の地に立つ 350. あかくしろく まとうほきいろ のろしがさ あおなあめつき くまのちにたつ 赤く白く纏う祝き色狼煙傘 蒼な天突き熊の地に立つ あかくしろ く まとうほき…

黒崎祇園山笠 けんか山よと 鉦太鼓 舁きものぼする 回し練り

八幡西区 黒崎 黒崎祇園山笠 言祝く 沓の音の路次にあふれてさかり鳴る響鼓の宵よ今日こそよらめ 349. くつのとの ろしにあふれて さかりなる きょうこのよいよ きょうこそよらめ 沓の音の路次に溢れて盛り鳴る響鼓の宵よ今日こそ寄らめ く つのとの ろ しに…

八幡西区 黒崎城 大坂の桐は絶えにき 元和偃武

八幡西区 黒崎城 元和元年(1615年)廃城 偲ぶ 海べりの九郎の城はさながらに桐の花をなみはかなくなりにき 348. うみべりの くろうのしろは さながらに きりのはなをなみ はかなくなりにき 海縁の九郎の城は宛らに桐の花を無み果無くなりにき うみべりの く…

筑前黒崎宿 櫻屋主人 明治六年改姓 贈従五位 宇都宮正顕

筑前国 遠賀郡 黒崎宿 旅籠 櫻屋 櫻屋主人 古海東四郎を偲ぶ 公卿にも楼に宿りし櫻屋は勤皇あつみ正と顕る 265. くぎょうにも ろうにやどりし さくらやは きんのうあつみ まさとあらわる 公卿にも楼に宿りし櫻屋は勤皇厚み正と顕る く ぎょうにも ろ うにや…

筑前黒崎宿 櫻屋 勤皇の志士 御用達の旅籠

筑前国 遠賀郡 黒崎宿 旅籠 櫻屋 偲ぶ 一新の國のあしたの論つはき櫻の宿は霧ふかめけむ 264. いっしんの くにのあしたの ろんつはき さくらのやどは きりふかめけむ 一新の國の明日/朝の論唾吐き櫻の宿は霧深めけむ いっしんの く にのあしたの ろ んつはき…

黒崎 藤田 三菱化学 紅白煙突 大狼煙 蒼に呑まれき 雲ならず

黒崎 藤田 三菱化学 紅白煙突 言祝く ふりさけば盛土の島にたなびける化学の煙の溶くる己つ故 243. ふりさけば じょうどのしまに たなびける かがくのけむの とくるおのつけ 振り放けば盛土の島に棚引ける化学の煙の溶くる己つ故 ふ りさけば じ ょうどのし…

八幡西区 藤田 春日神社 添うて聞きたき昔語り

八幡西区 藤田 春日神社 偲ぶ 振り建てし入魂の町をたかきより之房公も見つつあるらし 242. ふりたてし じこんのまちを たかきより ゆきふさこうも みつつあるらし 振り建てし入魂の町を高きより之房公も見つつ在るらし ふ りたてし じ こんのまちを た かき…

八幡西区 藤田 春日神社 松寿丸 生い成る黒崎大明神

八幡西区 藤田 春日神社 言祝く 船泊てし城下のみちをたどりなば春日の宮の花そ咲わむ 241. ふなはてし じょうかのみちを たどりなば かすがのみやの はなそわらわむ 船泊てし城下の道を辿りなば春日の宮の花そ咲わむ ふ なはてし じ ょうかのみちを た どり…

筑前国 長崎街道 黒崎宿 城を廃して宿場興る

筑前国 長崎街道 黒崎宿 偲ぶ 海をつく九郎の端城 退けばささ人馬ざざめき宿場しさからむ 240. うみをつく くろうのはじろ ひけばささ じんばざざめき しゅくばしさからむ 海を衝く九郎の端城 退けば然々人馬ざざめき宿場し盛らむ うみをつ く くろうのはじ …

熊手宮 崗の県主の祖 熊鰐 北九州 上古の英雄

熊手宮 崗の県主の祖 熊鰐 奉る くきの海にますらおのこの出にしけり 崗も喰らえば熊鰐とよぶらし 239. くきのうみに ますらおのこの でにしけり おかもくらえば わにとよぶらし 洞海にますら益荒男の出にしけり崗も喰らえば熊鰐と呼ぶらし く きのうみに ま…

黒崎 岡田神社 宿場町に遷座なされし王子宮

黒崎 岡田神社 神日本磐余彦(かむやまといわれひこ) 言祝く 大事なす神日本なる王子御の謂われひこひく遷し宮なれ 238. だいじなす かむやまとなる おうじごの いわれひこひく うつしみやなれ 大事為す神日本なる王子御の謂われひこ引く遷し宮なれ だ いじ…

黒崎 くまで通り商店街 興玉神 街道筋の傘の下 赤い鳥居の猿田彦

黒崎 くまで通り商店街 興玉神 言祝く 黒崎に詣で来るたびのどちひとり 興玉さまやりはつなるかも 236. くろさきに までくるたびの どちひとり おきたまさまや りはつなるかも 黒崎に詣で来る度/旅のどち一人興玉様や利発なるかも く ろさきに まで くるたび…

北九州市八幡西区 舟町 黒崎湊跡 草長けて石くれひとつ湊跡

北九州市八幡西区 舟町 黒崎湊跡 偲ぶ 難波へと来たる人しな棹しげみ浪華みちひく洞の青海 211. なにわへと きたるひとしな さおしげみ ろうかみちひく くきのあおうみ 難波へと来たる人品棹繁み浪華道曳く洞の青海 なにわへ と き たるひとし な さ おしげ …

筑豊電鉄 黒崎駅前電停 黒崎祇園山笠 にぎわうふれあい通り

筑豊電鉄 黒崎駅前電停 言祝く 熊手さす路傍の御饗 さわぎゆき綺羅きそう山いかにや牛頭え 164. くまでさす ろぼうのみあえ さわぎゆき きらきそうやま いかにやごずえ 熊手差す路傍の御饗 騒ぎ行き綺羅競う山如何や牛頭え く までさす ろ ぼうのみあ え さ …

筑豊電鉄 西黒崎電停 北九州予備校黒崎校 浪年は徒ならず 末の拵えなり

筑豊電鉄 西黒崎電停 祈る さきざきの禄ひらきゆく薫習を錦とまとわば花も咲わむ 159. さきざきの ろくひらきゆく くんじゅうを にしきとまとわば はなもわらわむ 先々の禄拓きゆく薫習を錦と纏わば花も咲わむ さき ざきの ろ くひらきゆく く んじゅうを に…

黒崎・小倉 パンと洋菓子のシロヤ サニーパン

パンと洋菓子のシロヤ 言祝く 玉かめば乳しるしみしむやわの肌 路次に食みつつしずるしずくしず 148. たまかめば ちしるしみしむ やわのはだ ろしにはみつつ しずるしずくしず 玉噛めば乳汁染み染む柔の肌 路次に食みつつ垂る雫垂ず たまかめば ちしるしみし…

北九州市八幡西区 黒崎 三菱化学 紅白煙突 三柱

黒崎 三菱化学 紅白煙突 言祝く 熊の地の路次のしるべはさきの白ことぶきの紅かさね天さす 146. くまのちの ろしのしるべは さきのしろ ことぶきのあか かさねあめさす 熊の地の路次の標は幸の白 寿の紅重ね天指す く まのちの ろ しのしるべは さき のしろ …

北九州市八幡西区 舟町 五卿上陸地の碑 古湊に偲ぶ幕末の政変

八幡西区 舟町 偲び言祝く 吹き荒れし波七難もまつろわず 筑前の灯にきょうはよすらむ 138. ふきあれし なみしちなんも まつろわず ちくぜんのひに きょうはよすらむ 吹き荒れし波七難も服わず筑前の灯に卿/今日は寄すらむ ふ きあれし な みしちなんも ま …

曲里の松並木 長崎街道 黒崎宿 歳松の二張りばかりのこりけり

長崎街道 黒崎宿 曲里の松並木 往古の松にかしこみ、あたらしき並木に言祝く くきの海を路次に背負わば先にまつ樹々は曲里の並木なりけり 052. くきのうみを ろしにせおわば さきにまつ きぎはまがりの なみきなりけり 洞海を路次に背負わば先に待つ樹々は曲…

西鉄北九州線 砂津 - 黒崎駅前 1992年10月24日 廃止

西鉄北九州線 砂津 - 黒崎駅前 終の日を思う 過ぎかれて何そなつかしき終の朝 埋けし轍路鈍とひかめく 019. すぎかれて なそなつかしき ついのあさ いけしわだちろ にびとひかめく 過ぎ離れて何そ懐かしき終の朝 埋けし轍路鈍とひかめく す ぎかれて な そな…

黒崎 シロヤベーカリー サニーパン 胃の腑 空ならサニー喰うなり

北九州市 八幡西区黒崎 シロヤベーカリー サニーパン 言祝く くうならば路次にかぐわしサニーなる貴偉のたまもて腹をそみたさん 009. くうならば ろしにかぐわし さにいなる きいのたまもて はらをそみたさん 空 / 喰う ならば路次に芳しサニーなる貴偉の玉…