折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

人は花を儚み 桜木は人を儚む

詠題 さくら

 いのちみじかき ひとのこが
 ちるをおしめる さくらのはなは
 としがめぐれば またさきほこる

 わらべのやがて おきなとなりて
 ついにははいと みまかりたれば
 はなはたむけに そのみをちらす

 あたらいのちの ほろほろと
 はかなくちるや ほろほろと

咲きぬれば苦界も明かし爛漫と万事憂いのなきにあざむけ
124. さきぬれば くがいもあかし らんまんと ばんじうれいの なきにあざむけ
 きぬれば
 がいもあかし
 んまんと
 んじうれいの
 きにあざむけ
「さくらばな」