折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

まぎれなきよう名を折って

奉公歌 土地の神さまへの捧げもの

 あらわす

ほこりたる現しの宝声なして浮き世を駆けん詠われるまま
131. ほこりたる うつしのたから こえなして うきよをかけん うたわれるまま
  こりたる
  つしのたから
  えなして
  きよをかけん
うた われるまま
「ほうこううた」