折句三昧

土地ほめ 神ほめ よすがしるべの うたつづり

安徳帝こそ

壇ノ浦にほどけしおさなみかど 安徳天皇

 誓ふ

くしはみづらとしはわずかに晏駕へて千代に祀らるる水天さまなれ
340. くしはみづら としはわずかに あんがへて ちよにまつらるる すいてんさまなれ
  しはみづら
  しはわずかに
あん がへて
   ちよにまつらるる
   すいてんさまなれ
「あんとく」