折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

多賀つ神も見まくいざなう陸蒸気

直方 御館橋

 往時の眺めを偲ぶ

出つ入りつしばし廻らす転車台高く見やるも遠ちの煙なれ
366. でついりつ しばしめぐらす てんしゃだい たかくみやるも おちのけむなれ
   でついりつ
しば しめぐらす
  んしゃだい
  かくみやるも
  ちのけむなれ
「おたてばし」