折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

遠つ后の香椎に住まうと養老七年

筑紫国 香椎廟

 往古を偲ぶ

樫の実の一人落つれば便なきと夭后ぐしていを寝たまえり
388. かしのみの いちじんおつれば びんなきと ようごうぐして いをねたまえり
かし のみの
  ちじんおつれば
  んなきと
よう ごうぐして
   いをねたまえり
「かしいびよう」