折句三昧

土地を讃め 神を讃め よすがしるべの 折句うた

さかきたてて 上かがみ 中つるぎ 下たま 枝にかけて

日本書紀より 周芳 沙麼之浦(すわ さばのうら)

 熊鰐命に奉る

水尾なさば潮やととのうおのずから熊鰐やまつらうすめらかしこみ
411. みおなさば しおやととのう おのずから わにやまつらう すめらかしこみ
みおな    さば
しおやとと  のう
おのずか    
わにやまつらう
すめらかしこみ
「さばのうら」